1. TOP
  2. 2019年1月開始予定!機関投資家の仮想通貨市場へ参入を促す「Signet」とは?

2019年1月開始予定!機関投資家の仮想通貨市場へ参入を促す「Signet」とは?

 2018/12/21 仮想通貨
この記事は約 5 分で読めます。 314 Views

仮想通貨における2018年12月の動向は、今後の仮想通貨が世の中の多くの方に受け入れられるためのイベントの準備がなされています。

今後仮想通貨が世の中に受け入れられ、多くの方に使ってもらえるようになるとより理解が深まり、技術もより問われるようになりますね。

2019年1月より新しいデジタル決済プラットフォーム”Signet”をアメリカニューヨーク州金融サービス局(DFS)は認可しましたと発表しました。

新しいサービスへの期待が深まっています。

Signetで機関投資家参入の期待高まる

Signetで機関投資家参入の期待高まる

機関投資家が仮想通貨市場に中々参入をしない理由は何かという質問をHayner氏が受けた時には、市場がまだ機関投資家を必要としていないだけでなく、機関投資家が要求をするソフトウェアやトレーディングディスクが揃っていない事実について言及しています。

同氏によると、仮想ファンドの電子取引、バスケットファンドを含むBitcoin ETFもまだ始まっていないという。

そこで新しいプラットフォームサービスに期待がなされています。

Signetプラットフォームとは?

2019年1月よりサービスを開始する新しいプラットフォーム「Signet」により、シグナチャ―銀行の法人客に、ブロックチェーン技術を活用することで、1年365日、1日24時間、米ドル建ての支払いサービスを手数料なしで提供することが可能になりました。

今回シグナチャ―銀行が初めて、このようなブロックチェーンを使った決済業務を行う資格を規制当局から与えられることになりました。

Signetプラットフォームのメリット

シグナチャ―銀行は、米国連邦預金保険公社(FDIC)によって資金が保証されるようになります。

法人の顧客同士の間で、リアルタイム資金転送が可になり、取引の手数料もなしになります。

リスクがなく、技術にも触れて理解をお互いに深めてもらうというHayner氏の主張に沿うサービスになっています。

実際に使われていくようになることによって仮想通貨への理解が深まっていき、また各通貨に使われた技術の実用性も問われるようになります。

例えば、先日リップル社の最高戦略の責任者であるCory Johnson氏は、XRPが今ではビットコインネットワークを超えている技術により支えられており、

今やビットコインよりも実用されるコインであることを強調していました。

同社は、現在既に150以上の金融機関と提携を結んでおりまして、

企業レベルで仮想通貨業界を主流に乗せていく存在になる会社であると言えそうです。

Signetプラットフォームの今後

シグナチャ―銀行の協同創設者であるCEOのJoseph J. DePaolo 氏は,

「ブロックチェーン技術に関わっていかないと、これから銀行として存続していくことはないだろう」と

ブロックチェーン技術が銀行の業務にも不可欠であることを強調して、このように言っています。

今後ビジネスが加速をしていくにつれて、完全審査をして、法人客間で承認をされた法人客間で資金を送金する能力は貴重だといえます。

シグナチャ―銀行は、技術基盤の強化に力を入れて投資をしていくことを宣言している。

signeetプラットフォームは、外国為替、ローン業務、与信承認のための新しいシステムと並んで技術基盤への投資を明示するものです。

まとめ

まとめ

仮想通貨における2018年12月の動向は、今後の仮想通貨が世の中の多くの方に受け入れられるためのイベントの準備がなされています。

仮想通貨が社会に受け入れられるためには、技術への理解がカギだと言われています。

仮想通貨市場が今後成熟していくのに必要なものとは何でしょうか。

これに対してHayner氏はブロックチェーン技術と仮想通貨がより一般理解が進むことが必要になると答えています。

世の中の人たちが、仮想通貨という言葉をまず聞いてピンとくるのは、価格が上がりすぎてバブルになることや不正が発生するといったあまりよくないイメージを持っていることです。

仮想通貨の個人の投資家たちにも同じようなことが言えます。

仮想通貨の市場から去っていった人たちを見ていると、熱心に今でも仮想通貨を支持する人々と違い、

仲介者の有無、検閲への抵抗、デジタルな希少性といったトピックを議論するようなことはありませんでした。

マーケットをさらに成熟させるためには、ブロックチェーンや仮想通貨のテクノロジーで消費者にリスクを感じてもらうことなく遊んでもらえる機会を作り、さらに仮想通貨の価値を理解してもらうように促していく努力が必要になると語りました。

実際に、ブロックチェーン技術や仮想通貨が持つ可能性について個人の投資家が語り合うことは少ないです。

ただ一方では、企業レベルでは、アプリとしての価値が問われるところで技術の受け入れが迅速に進んでいるようです。

━仮想通貨無料特典の受取り方法━

1. 以下QRコード、もしくは「Line@で特別な情報を受け取る」からLINE@で友達追加!
2. 折り返しメッセージで特典をゲットしてください!

▼より高度な仮想通貨最新情報を配信!▼

高度なテクニカル分析を利用した取引をしないのであれば、今底値で買っておけばどの通貨も上がることは予想できます。
そして、より高度な分析や新鮮な情報や手法を手に入れませんか?こちらで随時配信しているのでチェックをお願いします!

↓↓手法はここから入手できます↓↓


\ SNSでシェアしよう! /

お金の悩み解決 -valu cloud-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の悩み解決 -valu cloud-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あおい

あおい

元々YOUTUBERとして仮想通貨の最新情報とチャート分析を配信。
仮想通貨女子、億り人です♪
ビットコインを始めとした仮想通貨の最適な仕込み時と高騰予想をお送りします♥
是非わたしのブログと動画をご覧になって仮想通貨投資の参考にしてくださいね!

この人が書いた記事  記事一覧

  • リップルプロダクトxRapid利用企業今後増加傾向!?SBIマネータップ社に地銀13行が出資!

  • ビットコイン高騰は2019年5月 相次ぐ仮想通貨市場の好材料

  • 仮想通貨格付け最新版公表!XRPが一位!2019年買いのタイミングが来る!

  • 金融庁が新たに楽天とディーカレット2つの仮想通貨取引所認可!価格への影響とは?

関連記事

  • G20が仮想通貨に与えた影響とは?

  • 今後注目の仮想通貨ICO、DADIとは何か?

  • 2018年6月の爆上げ仮想通貨ランキングTOP3

  • 2月20日バイナンス独自チェーンと分散型仮想通貨取引所(DEX)公開!詳細明らかに!

  • 【初心者向け】仮想通貨は「ガチホ」or「短期トレード」?

  • 海外で話題のMemeticとは一体どんな仮想通貨なのか?