1. TOP
  2. 2月20日からヴァンエック版ビットコインETF審査開始!SECによる最初の判断は4月5日!

2月20日からヴァンエック版ビットコインETF審査開始!SECによる最初の判断は4月5日!

あおい
こんにちは!

あおいです!

SECによるビットコインETFの審査について最新情報を入手致しました!

ビットコインETFと言えば、仮想通貨市場へ莫大な資金流入をもたらす機関投資家達の呼び水となる仮想通貨価格爆上げには必要不可欠の材料です!

審査における最新の進捗が判明致しておりますので詳しく解説致します!

再提出されたヴァンエック版ビットコインETF審査開始

再提出されたヴァンエック版ビットコインETF審査開始

SEC(アメリカ証券取引委員会)が、2月20日よりアメリカ運用会社ヴァンエック社と金融サービス企業ソリッドX社、CBOE(シカゴ・オプション取引所)が申請しているビットコインETFの審査を開始予定であると発表しました。

ビットコインETFの審査開始予定

仮想通貨資産のマネジメント企業、ビットワイズが申請するビットコインETFにおいても2月10日開始されたばかりであることから、SECによる最初の判断はほぼ同時期に行われる見通しです。

ヴァンエック版ビットコインETF、SECによる最初の判断期日

ヴァンエック版ビットコインETF、SECによる最初の判断期日

SECは、45日以内に認可か拒否かを判断する必要があり、もし、審査により時間が必要な場合、最大で240日間の審議期間を設けることが可能です。

単純計算だと、ヴァンエック社、ソリッドX社、CBOE申請のビットコインETFは4月5日までに何らかの判断が下されることとなります。

ビットコインETF申請再提出の背景

ビットコインETF申請再提出の背景

1月23日、ヴァンエック社などは1ヵ月以上続いていたアメリカ政府機関の一部閉鎖を理由にビットコインETFの申請を自ら取り下げました。

ヴァンエック社、ジャン・ヴァンエックCEOはその当時の状況について次のように語っています。

SECとは、カストディーや価格操作と言ったビットコイン関連について話し合っていた。
しかし、アメリカの政府機関閉鎖の影響によりそれを取りやめる必要があった。

しかし、1月30日、ヴァンエック社などは、アメリカ政府機関閉鎖が解除されたことを受け、再度、ビットコインETFを申請しました。

再提出ビットコインETF申請のSEC対策

再提出ビットコインETF申請のSEC対策

ヴァンエック社ガボール・ガルバックス氏は、SECが掲げる次の3つの課題については対策をしているようです。

  1. 価格
  2. カストディー
  3. 市場操作

再提出したビットコインETF申請において、規制当局や市場参加者のフィードバックを元に変更を加え、30ページ程内容を新たに追記したと説明しています。

その中には、類似した過去事例が掲載されており、ビットコイン以上の市場操作のリスクを持つものも含まれていると記述されています。

例えば、そこには、かつてアメリカのファンドであるブレイクウェイブが申請し、SECが承認した貨物先物ETFを引き合いに出し、「かなり規制されたマーケット」であることを示す追加的な分析はなかったとの指摘があります。

また、上場する取引所が、詐欺的で操作的な行動を防ぐ方法を確立することに関して何も言及していないとの追記もあります。

ヴァンエック社が再申請したビットコインETFは、SECが考える「ビットコインETFは、かなり規制されたマーケットが必要」としていることを疑問視しており、「取引所が詐欺や価格操作を防ぐ上でSECが求める水準に達していない」というSECの指摘に反論した格好です。

CNBCの番組内にて、ガボール・ガルバックス氏は次のように語っています。

ビットコインは、ETFの準備が既にできている。
タイムラインは重要だ。
しかし最重要ではない。
我々は時間に関係なく、ビットコインETFの実現にコミットしている。
SECの挙げる3つの課題を解決し、ビットコインETFを仮想通貨市場に提供したい。

このようにSEC対策は万全なようで、承認の判断には期待が募ります。

機関投資家参入の材料になるということから、市場からの注目度も高いです。

正式にビットコインETFが承認された暁には、機関投資家の本格市場流入が始まり、市場への莫大な資金流入により、仮想通貨価格は大きく上昇に傾きます。

そんな高騰に向け、仕込むべき仮想通貨銘柄とその最適な「売り・買い」のタイミングを現在期間限定で無料公開しております。

また、人数制限はありますが、仮想通貨投資に役立つ特典も多数ご用意しておりますのでまずはどんなものかご確認ください。

まとめ

まとめ

あおい
いかがだったでしょうか?

再提出されたヴァンエック社等のビットコインETFの審査が2月20日より開始されます!

4月5日に延期か承認、はたまた否認か…何らかの判断がSECにより下されることでしょう!

再提出されたビットコインETF申請に関して、SEC対策も万全なようで、否認されることはないと予想する専門家も多く、実現に関してアメリカの著名投資家ブライアン・ケリー氏も予想しております!
再提出されたビットコインETF実現は2020年!CNBC番組にて仮想通貨専門家が予想!

今回このビットコインETF申請がSECに認められれば、機関投資家の本格的な市場参入が始まり、長期的にビットコインを筆頭に仮想通貨価格は爆上げしていくことでしょう!

そんな長期取引において、今のうちに仕込んでおくべき仮想通貨銘柄がいくつかあり、現在期間限定で無料公開しております!

また、人数制限はありますが、仮想通貨投資に役立つ特典も多数ご用意しておりますので、まずはどんなものかチェックしてみてください!

是非仮想通貨投資の参考にしてくださいね!

【特典多数プレゼント!】

・2019年高騰期待の通貨銘柄10選
・2019年の仮想通貨市場動向予想
・仮想通貨200種類格付け
・仮想通貨400種類開発度ランキング
・潜在性抜群の9通貨
・2019年の仮想通貨5大予想
・仮想通貨最新情報
などなど
他にも特典多数ご用意!

再提出されたビットコインETFが相場に与える影響

再提出されたビットコインETFが相場に与える影響

今回、ヴァンエック社によりビットコインETFが取り下げられ、再提出された格好となり、その審査開始が始まります。

そして、最初のSECによる判断は4月5日となります。

このことが相場に与える影響ですが、「延期」されることが最も有力であると考えられます。

事実、多くの仮想通貨専門家達は、2020年に実現すると予想しており、そういった背景もあり、今回の審査開始のニュースは短期的には特に相場に大きな影響を与えることはないでしょう。

そして、高騰ポイントは、多くの仮想通貨専門家が予想する2020年の実現の年になるかと思われます。
再提出されたビットコインETF実現は2020年!CNBC番組にて仮想通貨専門家が予想!

そういった意味でも、ビットコインETFというのは長期的な好材料であり、長期的に相場に影響を与えるものであると言えるでしょう。

このように仮想通貨相場というのは、ある程度市場の動向から予想が可能です。

そんな2019年の仮想通貨相場がわかる市場動向予想を現在期間限定で無料公開しております。

既に当たっているものもあり、非常に参考になります。

ご希望の方は以下よりご請求ください。

\ SNSでシェアしよう! /

お金の悩み解決 -valu cloud-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の悩み解決 -valu cloud-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あおい

あおい

元々YOUTUBERとして仮想通貨の最新情報とチャート分析を配信。
仮想通貨女子、億り人です♪
ビットコインを始めとした仮想通貨の最適な仕込み時と高騰予想をお送りします♥
是非わたしのブログと動画をご覧になって仮想通貨投資の参考にしてくださいね!

この人が書いた記事  記事一覧

  • バイナリーオプションの「稼ぎ方」を考える

  • バイナリーオプションで負ける人とは?バイナリーオプションで負ける人の特徴について解説!

  • リップルプロダクトxRapid利用企業今後増加傾向!?SBIマネータップ社に地銀13行が出資!

  • ビットコイン高騰は2019年5月 相次ぐ仮想通貨市場の好材料

関連記事

  • レターポットについて!キングコング西野亮廣氏の構想とは?

  • 仮想通貨でFX?ビットコインFXを看破せよ!

  • G20が仮想通貨に与えた影響とは?

  • 柴犬推しの仮想通貨【Dogecoin】、将来性を徹底解明!

  • 仮想通貨の種類to

  • 【仮想通貨 EOS(イオス)】仮想通貨EOS(イオス)とは?概要とメリット。