1. TOP
  2. 仮想通貨の広告規制を受け、世界的な集団訴訟を決行!

仮想通貨の広告規制を受け、世界的な集団訴訟を決行!

 2018/04/06 仮想通貨
この記事は約 4 分で読めます。 1,200 Views

嫌が応にも、仮想通貨に注目が集まってしまう出来事が起きようとしています。なんと仮想通貨の広告規制に伴い世界的な集団訴訟を起こした団体の存在が判明しました。今回はこの集団訴訟について深く掘り下げていきます。

集団訴訟を起こしたのは?

今回集団訴訟を起こすのは、新設のユーラシア・ブロックチェーン協会(EBA)です。ロシア仮想通貨・ブロックチェーン協会(RACIB)、中国仮想通貨投資家協会(LBTC)、韓国ベンチャー企業協会(KOVA)の代表が、3月27〜28日にモスクワで開かれたBlockchainRF-2018会議でその結成を決めた。

どこに対して訴訟するのか?

あろうことか、業界最大手の4社FacebookTwitterGoogleに対し、集団訴訟を行うとのこと。インターネット広告で大幅な規制を発表したことが大きな引き金になっているようなのです。

(※)Yandex:ロシアで最大手の検索エンジン。

仮想通貨広告業界の現状

仮想通貨はハイリスクハイリターンなので一概に悪ということはもちろんできませんが、優良で真面目なイニシャル・コイン・オファリング(ICO)がある一方、資金調達後行方をくらます集団があることも見過ごせない事実です。

このことから、詐欺的なICOによる被害者を増やさないための対策として、Facebook、Twitter、Google、Yandexはそれぞれ独自に仮想通貨の広告に対して規制を相次いで発表しました

Facebookは2018年1月末、仮想通貨関連の広告掲載を禁止すると発表しています。誤解を招く表現や詐欺的な手法が多くみられたことが大きな理由です。これに続くようにGoogleは3月に6月から広告を制限する計画があるという旨を明らかにしました。

また、最近ではTwitterも仮想通貨やICOの広告禁止の事実を認めています。Yandexも、同様の措置を検討しているといいます。

ユーラシア・ブロックチェーン協会(EBA)側の意見とは

ロシア仮想通貨・ブロックチェーン協会(RACIB)のユーリー・プリパチキン会長は、

4社はその独占的地位を利用していると確信している。市場を操作するために、お互いにカルテル協定を結んでいる。広告禁止が発表されてから、ここ数ヶ月間の仮想通貨市場は大きく落ち込んでいるとの意見を述べました。

また、プリパチキン会長は「この問題に関心のある人は誰でも、新協会のファンドに資金を寄付できる」と述べています。さらに、訴訟対象の企業の株主が仮想通貨のウォレットを保有している場合、株主に対しても苦情を申し立てると付け加える徹底ぶりです。

Q&A

Q:広告規制の影響で起こることってなにが予想されますか?

A:新たなイノベーションが起こりづらくなるでしょう。

ブロックチェーンや仮想通貨のシステムを利用した新たなイノベーションや革新的な技術は、数多くリリースされています。それは、ICOによる潤沢な資金調達ができたことがあるからで、広告もその一端を担っていたことは間違いないでしょう。

資金調達が望むようにいかなくなることは、新たな技術発展にとっては妨げでしかありません。このことは世界的に見ても明らかです。

まとめ

仮想通貨の広告規制に伴い、世界的な集団訴訟を起こしたユーラシア・ブロックチェーン協会(EBA)についてお届けしました。結果、なんの対策もされずに集団訴訟に行き着くか、あるいは大手SNSや検索メディアが何らかの対抗措置を取るのか注目される事態となりました。

今後も続報があれば逐一伝えていきたいと思います。こういった風に仮想通貨の世界は奥が深く、とても広大に広がっています。テクニックや手法などもお伝えしているので、こちらのチェックもお願いします!

━仮想通貨無料特典の受取り方法━

1. 以下QRコード、もしくは「Line@で特別な情報を受け取る」からLINE@で友達追加!
2. 折り返しメッセージで特典をゲットしてください!

▼より高度な仮想通貨最新情報を配信!▼

高度なテクニカル分析を利用した取引をしないのであれば、今底値で買っておけばどの通貨も上がることは予想できます。
そして、より高度な分析や新鮮な情報や手法を手に入れませんか?こちらで随時配信しているのでチェックをお願いします!

↓↓手法はここから入手できます↓↓


\ SNSでシェアしよう! /

お金の悩み解決 -valu cloud-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の悩み解決 -valu cloud-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

富田 敦

富田 敦

FXやバイナリーオプションなど、投資や資産で悩む人への記事を主に執筆しています。趣味はバンド(ドラム担当)・映画鑑賞

休日には、気心の知れた友人とスタジオに入り曲作りやコピー曲を演奏。
スタジオ終わりの一口目のビールが生きている証拠だと感じます。

得意分野
FX|バイナリーオプション│投資│資産運用

この人が書いた記事  記事一覧

  • ローソク足を制するものはトレンドを制す!

  • 【バイナリーオプション】使えるのは順張りor逆張り?

  • バイナリーオプションにおいて一番重要な数字は【勝率】!

  • バイナリーオプションとカジノ法案の意外な関係性とは?

関連記事

  • 2019年年始より株式市場の暴落に伴いビットコイン(BTC)も大暴落!今後リスクオフの動き強まる!

  • 仮想通貨ビットコイン2021年に2万ドルまで高騰!?有名投資家達も強気の予想

  • ADAコインが高騰した理由とこれからの投資価値とは?

  • 仮想通貨取引所ビットメックスCEO「2019年はイーサリアム(ETH)の反発を狙え!」

  • 海外で話題のMemeticとは一体どんな仮想通貨なのか?

  • 仮想通貨リップルのSWELL2018とは?SWELL2018の概要と仮想通貨リップルに与える影響。