1. TOP
  2. リップル社最新報告書から見るXRPの普及状況と今後

リップル社最新報告書から見るXRPの普及状況と今後

 2018/12/20 仮想通貨
この記事は約 5 分で読めます。 694 Views
あおい
こんにちは!

あおいです!

リップル社が最新の報告書を公開しました!

またリップルCEO、Brad Garlinghouse氏による最新の予想も明らかになっています!

今後のXRP価格にも影響してくる内容となりますので詳しく解説致します。

リップル社最新報告書内容

リップル社最新報告書内容

リップル社は、「2018年ブロックチェーンの大きな進歩」という報告書 にて、XRPの普及に関してまとめました。

その重要ポイントは次の3つです。

  • リップルネット参加企業数40ヶ国100社以上
  • xRapid利用金融機関は「MercuryFX」「Cuallix」「Catalyst Corporate Federal Credit Union」の3社
  • xCurrent最新利用金融機関はサンタンデール銀行「OnePay FX」、「CoinOne Crossアプリ」

■リップルネット一部有名参加企業

リップルネットには、世界各国、多くの金融機関が参加しています。

  • サンタンデール銀行
  • SBIホールディングス
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • みずほフィナンシャル・グループ
  • 三井住友信託銀行
  • Bank of America Merrill Lynch
  • Barclays
  • American Express FX International Payments
  • MoneyGram
  • Western Union
  • サイアム商業銀行

などの有名企業が名を連ねています。

リップルCEO、XRPの有価証券問題に言及

リップルCEO、XRPの有価証券問題に言及

12月18日、リップル社はAMA質疑応答を行いました。

その中でリップルCEO、Brad Garlinghouse氏は、XRPおよびその他仮想通貨のことを「デジタル・アセット」とみなし、懸念されているXRPの有価証券問題に対し、複数の理由を挙げ、「XRPは証券でない」と明らかにしました。

その明らかにされた理由は、次の通りです。

  • リップル社が倒産した場合でも、XRPは世界中の取引所で取引できる
  • リップル社はXRPエコシステムの一部

リップルCEO、Brad Garlinghouse氏が予想するxRapid普及率

リップルCEO、Brad Garlinghouse氏が予想するxRapid普及率

Brad Garlinghouse氏は、2018年のはじめに2018年は多くの銀行がXRPを利用することになると予想していました。

銀行からの大きな動きは現在のところ確認されていませんが、今回のAMAで、xRapidの実利用機関、「Catalyst Corporate Federal Credit Union」は銀行から注目されており、今後、利用が期待される旨言及しています。

今回の報告書の中で、CatalystのCOO、Brad Ganey氏は次のようにxRapidを讃えました。

これまでの国際送金システムは、価格、速度、利便性といったニーズを満たせていない。
ブロックチェーン技術、特にリップルプロダクトxRapidは、これらの問題をすべて解決する。

Brad Garlinghouse氏は、XRP価格に影響を及ぼすxRapidの普及に関して、Catalystを通して、今後銀行からの利用が見込めると予想しているようです。

Brad Garlinghouse氏によると2019年までに機関投資家受け入れの準備が整うと予想しており、たしかに2019年の第一四半期は市場の好材料が多く揃っています。

2019年の第一四半期はXRPのみならずビットコインを始めとしたアルトコインの高騰も多くの専門家が予想しており、価格を下げている今仕込んでおくべきといえるでしょう。

特に高騰が期待できる通貨情報を期間限定で無料公開していますので是非ご覧になって参考にしてください。

また人数制限がありますが、仮想通貨投資に役立つ特典も多数ご用意しておりますのでご希望の方は以下よりご請求ください。

1. 以下QRコード、友達追加IDもしくは「LINE@で特別な情報を受け取る」からLINE@で「あおい」を友達追加!
2. キーワードを送って仮想通貨投資に役立つプレゼントゲット!

・仮想通貨について学べる【仮想通貨ガイドブック】と仮想通貨の最新情報
 →友達追加でゲット
・SBIによる最新資料
→「SBI」とのみお送りください。
・2019年高騰期待の通貨銘柄10選
→「オススメ」とのみお送りください。
・仮想通貨市場のセンチメントが分かるPredicoin
→「pre」とのみお送りください。
・2019年の仮想通貨市場動向予想
 →「2019年」とのみお送りください。
・【主要通貨の価格予想】
 →「期間限定」とのみお送りください。
・仮想通貨の全てがわかる【仮想通貨大辞典】
 →「大辞典」とのみお送りください。
・仮想通貨の自動売買!?【XRP自動売買ツール】
 →「自動売買」とのみお送りください。

その他特典多数ご用意!

※「あおい」LINE@限定

「あおい」のLINE@

友達追加ID:@lar1657b

リップル社決済サービスの現状

リップル社決済サービスの現状

現在サンタンデールとCoinOneのアプリがアジア、欧州、南アメリカに向けリップル技術を使いより利便性の高い送金サービスを提供しています。

世界規模のユーザー達がこのようなサービスから恩恵を受けているとも報告書には掲載されています。

送金決済の摩擦緩和のために、11月リップル社のクライアントBeeTech社が、SWIFTの手数料を無くし、トランザクションで発生する20ドルの手数料を2ドルまで減らすことができた事例も明らかにされています。

仮想通貨XRPの将来性への評価は高く、XRPを実際に使用するリップルプロダクトxRapidは国際経済構築にも役立つツールであると言えます。

そんな国の経済をも司る可能性を秘めたリップルプロダクトが今後世界に普及する可能性があります。

その際はXRP価格爆上げが期待されていますが、そのXRPの最適な「売り・買い」のタイミングを期間限定で無料公開しています。

また、人数制限がありますが、仮想通貨投資に役立つ特典も多数ご用意しておりますのでご希望の方は以下よりご請求ください。

【特典多数プレゼント!】

・2019年高騰期待の通貨銘柄10選
・2019年の仮想通貨市場動向予想
・仮想通貨200種類格付け
・仮想通貨400種類開発度ランキング
・潜在性抜群の9通貨
・2019年の仮想通貨5大予想
・仮想通貨最新情報
などなど
他にも特典多数ご用意!

まとめ

まとめ

あおい
いかがだったでしょうか?

今回リップル社により新たな報告書が公表されました!

リップル社の国際送金の技術はもちろんのこと、XRP自体注目度の高い将来性の高い通貨です!

今後規制がさらに整うことで、さらに多くの金融機関が、xRapidを導入し、莫大なXRPが取引されることで、今後長期的に見て爆上げが期待できますね!

是非仮想通貨投資の参考にしてください!

【動画で学習】リップル最新報告書公開!XRPは今後…

\ SNSでシェアしよう! /

お金の悩み解決 -valu cloud-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の悩み解決 -valu cloud-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あおい

あおい

元々YOUTUBERとして仮想通貨の最新情報とチャート分析を配信。
仮想通貨女子、億り人です♪
ビットコインを始めとした仮想通貨の最適な仕込み時と高騰予想をお送りします♥
是非わたしのブログと動画をご覧になって仮想通貨投資の参考にしてくださいね!

この人が書いた記事  記事一覧

  • リップルプロダクトxRapid利用企業今後増加傾向!?SBIマネータップ社に地銀13行が出資!

  • ビットコイン高騰は2019年5月 相次ぐ仮想通貨市場の好材料

  • 仮想通貨格付け最新版公表!XRPが一位!2019年買いのタイミングが来る!

  • 金融庁が新たに楽天とディーカレット2つの仮想通貨取引所認可!価格への影響とは?

関連記事

  • 仮想通貨XRP利用のxRapid導入企業、銀行含め急増 ! 13社がリップルネット新規加入 !

  • 仮想通貨の進む実用化!8人に1人がネット購入に仮想通貨決済を利用!

  • GACKTが出資する仮想通貨「 SPINDLE」が中止されたという嘘の噂、その真相とは!

  • ビットコイン12月28日40万円割れの大暴落!暴落理由と2019年に向けた価格予想

  • 【仮想通貨】少額投資から大金持ちになる方法3選!

  • 仮想通貨取引所ビットメックスCEO「2019年はイーサリアム(ETH)の反発を狙え!」