1. TOP
  2. リップルプロダクトxRapidでMercury FX社事業拡大!仮想通貨XRPを利用した国際送金、週数百万円規模に!

リップルプロダクトxRapidでMercury FX社事業拡大!仮想通貨XRPを利用した国際送金、週数百万円規模に!

仮想通貨
この記事は約 6 分で読めます。 763 Views
あおい
こんにちは!

あおいです!

あのイギリスの大手送金企業、Mercury FX社が、実際にXRPトークンを使用するリップルプロダクトxRapidを利用して事業拡大に動いているようです!

XRP価格にも影響してくる内容となりますので、価格への影響と併せて詳しく解説致します!

Mercury FX社仮想通貨XRPを利用した国際送金で事業拡大

Mercury FX社仮想通貨XRPを利用した国際送金で事業拡大

Mercury FX社CEOのAlastair Constance氏が、現在、リップルプロダクト、xRapidを利用するイギリスの外貨送金企業、Mercury FX社は、ロンドン支社で10億ドル、世界で18億ドル規模の送金を処理していると言った内容を海外仮想通貨メディア、Decryptにおけるインタビューにて明らかにしました。

Mercury FX社と言えば、最近、新顧客向けにメキシコ-フィリピン間の送金経路を提供開始したばかりです。

今回のインタビューにてAlastair Constance氏は、今後のxRapid及びXPRの導入計画について次のように説明しました。

私たちは、リップル社と積極的に連携し、フィリピン、メキシコのコミュニティーにおける市場拡大を目的にマーケティングを行っている。
これらの国々で事業を行う企業も対象だ。

メキシコ市場について、世界的に最大規模の決済額を誇っています。

xRapid導入前のMercury FX社では、あまり事業拡大していなかった国です。

Alastair Constance氏は、xRapidあっての事業拡大であると次のように強調しました。

xRapidは、メキシコへより安価なサービスを提供可能にした。
そして、Mercury FX社を新顧客にとってより魅力的なものにする。

発展途上国におけるMercury FX社事業拡大の問題点

発展途上国におけるMercury FX社事業拡大の問題点

メキシコと言った発展途上国における事業拡大はとても困難で難しいです。

Alastair Constance氏によると、事業拡大の実現に向け重要な2つの大きな問題があるようです。

  1. 該当国の資本規制
  2. 該当国の取引所問題

実は、メキシコへxRapidを使ったXRP支払い拡大には、単純に実現できることではありません。

該当国の資本規制

送金に対する税金を含め、送金に適用される規制が複数あります。

Mercury FX社は、各国における規制を十分に理解し、規則範囲内に留まるようにする必要があります。

該当国の取引所問題

xRapidの送金サービスでは、まず送金元の国の法定通貨をXRPに交換します。

そしてそのXRPが、受け取り先の国の法定通貨に再度交換する必要があります。

大抵、このプロセスは、仮想通貨取引所で行われます。

しかし、それらの取引所は、犯罪などへの悪用を防ぐためのKYCコントロールを欠いており、また行政規則を絶対に曲げないという特徴があります。

つまり、Mercury FX社は、リップル社推奨の仮想通貨取引所限定でサービス提供するしかありません。

リップルプロダクトxRapid送金が週数百万円規模に拡大

xRapid送金が週数百万円規模に拡大

Alastair Constance氏は、既に導入されているメキシコ-フィリピン間におけるxRapidを介した送金は、現在定期的に行われていると語りました。

リップルとの秘密保持契約のため、具体的な数字の言及を拒んだものの、実に、毎週約数百万円規模で実行されているとのことです。

そして、リップルと協力して更にマーケティング活動を積極的に行い、将来的に、数百万~数億円の送金規模にしたい旨、インタビューでその熱意を語りました。

このようにリップルプロダクトxRapidを利用した送金は着々とその実用性を証明しつつあります。

そして、その実証に伴い、多くの企業がリップルプロダクト採用の動きを今後取ると考えられます。

このように、長期的な好材料の多いXRPは長い目で見て高騰が予想される仮想通貨です。

そんな長期的な高騰が期待できるXRPの最適な売買タイミングを現在期間限定で無料公開しております。

また、人数制限はありますが、仮想通貨投資に役立つ特典も多数ご用意しておりますので、ご希望の方は以下よりご請求ください。

リップルプロダクトxRapid導入で市場拡大

リップルプロダクトxRapid導入で市場拡大

メキシコは現在、最も遅くて、コストの高い送金先の国です。

Mercury FX社を含む各企業がリップル社のxRapid及びXPRを導入して、市場拡大を実現できれば、メキシココミュニティーが、最先端の送金サービスを手に入れることが出来る日は近いです。

そんな、世界の送金市場にて注目されているxRapid並びにリップル社の技術力は
今後も飛躍するでしょう。

そして、今後、多くの国でリップルプロダクトが利用されることによりXRP需要の高まり、それに伴う取引高上昇と価格高騰を予想する専門家は多いです。

そういった意味でもXRPは、価格の低い今仕込んでおくべき通貨銘柄と言えます。

しかし実は他にもXRP同様の特徴を持った将来性高い通貨銘柄があり、それを現在期間限定で無料公開しております。

また、人数制限はありますが、仮想通貨投資に役立つ特典も多数ご用意しております。

まずはどんなものかご確認ください。

まとめ

まとめ

あおい

いかがだったでしょうか?

Mercury FX社は、仮想通貨XRPを利用したxRapidの送金にて着々と事業拡大に動いていっているようですね!

Mercury FX社と言えば、世界的にも有数の送金企業となりますが、そんな大手企業を取り込むリップル社の技術力は相当なものですね!

将来的に、送金の分野はリップル社が取って代わると予想する専門家も多いほどですからXRP高騰にも期待が募りますね!

まだ価格は低いので今のうちに仕込んでおいてもいいかもしれません!

是非仮想通貨投資の参考にしてください!

リップルプロダクトxRapid採用企業増加で2019年XRP高騰

リップルプロダクトxRapid採用企業増加で2019年XRP高騰

1月8日、リップル社は公式ツイッターにて13社が新たにリップルネットに加入した事を発表しました。

この13企業の内5社が、送金時の流動性向上を目的に仮想通貨XRPを利用するxRapid導入を既に発表しています。
仮想通貨XRP利用のxRapid導入企業、銀行含め急増 ! 13社がリップルネット新規加入 !

現在、リップルネットには、200社を超える金融機関が加入しており、今後xRapid導入に動く企業が増えることが多くの専門家により予想されています。

XRPを実利用するxRapid導入の企業が増えれば、XRPの価格高騰にもつながり、2019年を境に上昇トレンドに傾く可能性も期待されています。

このように仮想通貨相場というのは、市場動向によりある程度予想することが可能です。

そんな2019年の仮想通貨相場がわかる市場動向予想を現在期間限定で無料公開しております。

既に当たっているものもあり、かなり参考になりますのでまずはどんなものかチェックしてみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

お金の悩み解決 -valu cloud-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の悩み解決 -valu cloud-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あおい

あおい

元々YOUTUBERとして仮想通貨の最新情報とチャート分析を配信。
仮想通貨女子、億り人です♪
ビットコインを始めとした仮想通貨の最適な仕込み時と高騰予想をお送りします♥
是非わたしのブログと動画をご覧になって仮想通貨投資の参考にしてくださいね!

この人が書いた記事  記事一覧

  • リップルプロダクトxRapid利用企業今後増加傾向!?SBIマネータップ社に地銀13行が出資!

  • ビットコイン高騰は2019年5月 相次ぐ仮想通貨市場の好材料

  • 仮想通貨格付け最新版公表!XRPが一位!2019年買いのタイミングが来る!

  • 金融庁が新たに楽天とディーカレット2つの仮想通貨取引所認可!価格への影響とは?

関連記事

  • 仮想通貨取引所バイナンスCEOが市場の将来性に言及 ! 「 開発者により仮想通貨は成長する」

  • 仮想通貨TRONの高騰!驚くべきその理由を緊急解明!

  • ビットコイン 相場

  • 【仮想通貨】人工知能が2018年のビットコインの価格を予想!

  • 【仮想通貨 EOS(イオス)】仮想通貨EOS(イオス)とは?概要とメリット。

  • 仮想通貨リップル(XRP)を大型旅行ウェブサイト「Travala」が決済方法として追加!