1. TOP
  2. iDeCoとは?iDeCoを始める方向けにオススメの会社ご紹介!

iDeCoとは?iDeCoを始める方向けにオススメの会社ご紹介!

年金 iDeCo お金を守る
この記事は約 5 分で読めます。 604 Views

「iDeCoってなんだろう?」
聞いたことはあるけどよく分からない、よく分からないけどそのままにしている、このような方もいらっしゃるのではないでしょうか。
もしかしたらそれはもったいないことかもしれません。
iDeCoは老後生活に安心をもたらしてくれる制度です。
今回は、そのiDeCoについて詳しく解説していきます。
是非、iDecoについて学んで、将来の生活の安心を手に入れてください。

iDeCoとは?

iDeCoとはそもそも何なのか?

iDeCoとは、「個人型確定拠出年金」のことを指します。
個人型確定拠出年金というとイメージが湧かないかもしれませんが、簡単にいうと「自分で年金を作るための制度」です。
確定拠出年金法に基づいて実施されています。
この制度を利用する方は、毎月一定の金額を積み立ていくのですが、その積み立てたお金で保険や定期預金、投資信託などの金融商品を運用していきます。
そして、利用する方が60歳になると掛け金と運用益の合計金額を年金、もしくは一時金で受け取ることが可能です。
要するに、加入してから毎月積み立てていったお金を60歳になったら受け取ることができるという仕組みです。

iDeCoの個人型と企業型

iDeCoには、「個人型」と「企業型」の2種類があります。
個人型の場合は、自分で申し込んで手続きを行ったり、掛け金の負担や納付方法、金融機関の選択や運用方法など全て自分で選択しなければなりません。
企業型の場合は、それらを全て企業が行ってくれるので自分で何かをするということは特別ありません。
掛け金も会社負担になりますが、会社によっては上乗せしたい場合に従業員が上乗せして積み立てることも可能です。

iDeCoをやる理由

iDeCoのメリット

iDeCoを始めることのメリットは大きく2つあります。
1つは、様々な面で節税が可能であるということです。
積み立てるとき、運用するとき、受け取るとき全てでメリットがあります。
積立金は全額所得控除の対象となっており、「住民税」や「所得税」を節税することが可能です。
6000円以上の節税が一般的には可能だとされています。
積立金で運用している金融商品から得られる利益には税金がかからず、利益をそのまま受け取ることができます。
60歳を迎えお金を受け取れるようになった時、一時金として受け取るなら「退職所得控除」、年金として受け取るなら「公的年金等控除」の対象になるので所得税が大きく下がります。
これだけでも大きなメリットですが、もう1つは老後のお金を貯めることが可能であることです。
iDeCoは始めたら原則60歳まで毎月積立を行い続けます。
積立を始めたら下ろすこともできないので、貯められないという人もきちんと貯めることができます。
将来は不安だけどなかなか貯金ができないという方にとって、確実に貯められるiDeCoは非常にオススメの制度と言えますね。

iDeCoは誰でも始めることができる

iDeCoは、「20歳以上60歳未満」の「日本在住」の方であれば基本的には誰でも始めることが可能な制度です。
積立も毎月5000円から始めることができるので、大きな負担にはなりません。
もっと積み立てていきたいという方は、5000円に1000円ずつ上限金額まで上乗せしていくことも可能です。
上限金額は職業によって異なります。
納付方法も加入者本人の銀行口座からの引き落とし、もしくは給与天引きが可能なのでわざわざ毎月銀行に足を運んだりする必要もありません。
しかし、途中で一定額の積立を辞めてしまう可能性が考えられる場合はiDeCoのメリットが発揮されないので、その可能性が考えられる方はすぐに始めずにしっかりと計画を立ててから始めましょう。
特定非営利活動法人確定拠出年金教育協会のiDeCoナビであなたがiDeco対象者に該当するのかを調べるための診断があるので、気になる方は是非診断を行ってみてください。

iDeCo始める方におすすめの金融機関

こちらではiDeCoを始めようと考えている方に、オススメの身近な金融機関をご紹介します。

Rakuten証券

Rakuten証券は、加入手数料無料に加え、口座管理手数料が加入してからずっと無料のお得な金融機関です。
また、カスタマーサポートの評価も高く、安心して運用を行っていける金融機関であると言えます。

イオン銀行

イオン銀行は、Rakuten証券と同様、加入手数料・口座管理手数料が完全無料で、加えて移管手数料も無料な金融機関です。
また、資産を運用するってよく分からない!という方でも安心して資産運用ができるロボアドバイザーがあります。

まとめ

いかがだったでしょうか。
本日はiDeCoに関する以下のことをご説明させて頂きました。

  • iDeCoとは、自分で年金を作るための制度であり、老後資金を貯めることができる。
  • iDeCoは、個人型と企業型の2種類がある。
  • iDeCoは、日本在住の20歳以上60歳未満の方であれば基本的に誰でも始めることができる。
  • 積立は、銀行口座からの引き落としもしくは給与天引きが可能で手間がかからない。
  • iDecoは、節税効果が期待できる。

iDeCoは老後のための資金を残せることが最大の魅力です。
定年後働けなくなってからもお金が入ってくるので、日々の生活に精神的な余裕が生まれます。
安心できる老後生活を得たい方は是非初めてみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

お金の悩み解決 -valu cloud-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の悩み解決 -valu cloud-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あおい

あおい

元々YOUTUBERとして仮想通貨の最新情報とチャート分析を配信。
仮想通貨女子、億り人です♪
ビットコインを始めとした仮想通貨の最適な仕込み時と高騰予想をお送りします♥
是非わたしのブログと動画をご覧になって仮想通貨投資の参考にしてくださいね!

この人が書いた記事  記事一覧

  • バイナリーオプションの「稼ぎ方」を考える

  • バイナリーオプションで負ける人とは?バイナリーオプションで負ける人の特徴について解説!

  • リップルプロダクトxRapid利用企業今後増加傾向!?SBIマネータップ社に地銀13行が出資!

  • ビットコイン高騰は2019年5月 相次ぐ仮想通貨市場の好材料

関連記事

  • 貯蓄とは?賢く貯蓄を行うために必要な貯蓄に関する知識

  • パチンコ初心者向け!パチンコの仕方を解説 

  • 不動産投資とは何か?不動産投資で利益獲得に至るまでに知るべきこと

  • FXラインチャートとは!?相場理解に役立つ究極FXチャート

  • ギャンブルで稼いだ際の税金について解説!何所得になるのか?

  • ビットコイン(BTC)12月18日急反発!高騰要因とチャート分析で見る今後