1. TOP
  2. ICO参加時の投資価値の見極め方と注意点を徹底解説!

ICO参加時の投資価値の見極め方と注意点を徹底解説!

 2018/01/28 仮想通貨
この記事は約 4 分で読めます。 1,716 Views

ICOって何?と思われる方も多いかもしれませんので説明させて頂くと、まずICOとは企業がサービスを始める時に株の代わりにその企業独自の仮想通貨を販売して資金調達をする方法です。

今行われているICOの大半がビットコインとイーサリアムなどで資金調達が行われていますが、ビットコインは送金が遅い事や手数料が高いというデメリットがありますので、これからICOに投資しようとお考えの場合は、事前にイーサリアムを購入しておくと参加しやすいでしょう。

今回はそのICOに投資する時に抑えておきたいリスクや注意点と、その見極め方をご説明していきます。

ICO案件の注意点とリスクとは?

【注意点その1】返金のスマートコントラクトが組まれているか?


通常のICOでは、資金調達をする上で最低調達金額が設定されていますが、もしその金額に届かなかった場合に自動で全額を返金されるスマートコントラクトというプログラムが組み込まれています。このスマートコントラクトがある事も、ICOでイーサリアムが選ばれる理由でしょう。

スマートコントラクトは返金条件に合致した場合に例外なく返金処置が実行されるので、投資可能な通貨にイーサリアムが選ばれているICOは自動的に返金されるという点で、担保が取れていると言えるでしょう。

【注意点その2】仮想通貨取引所に上場するか?


例えばビットコインやイーサリアム、リップル等は日本国内の取引所でも上場しているので誰でも売買出来ますが、取引所に上場していない場合、どうにかして買い手を探さなければいけません。

どうにかして買い手を探すと言っても、買い手を個人で探すのは余程のセールスマンであるか、その通貨の価値が無い限り難しいですし、例え頑張って買い手を探そうとしたところで、買い手の見つからないような通貨は需要もなく、使い物にならないといえます。

【リスクその1】トークンセール時よりも上場後の価格が安くなる


一時的な利益を狙った投機目的の投資ばかりだと、取引所へ上場した途端に売り抜ける人が多くなりますが、その場合一気に値崩れする事は明白なので、売るタイミングが少しでも遅れてしまうと損失になってしまいます。

ある程度将来性を見越して長期保有する人の居るICOでなければ、このような事態に陥ってしまいます。ホワイトペーパー(サービス概要などの情報)をしっかり見て、ネットの動向に気をくばるようにしましょう。

【リスクその2】資金調達出来ても、サービスが完成しない


もし最低調達金額が達成されたとしても、開発が進まずにサービスがスタートされない事も起こり得ます。これまでにICO後にサービスがリリースされるまでになっているという前例が無いのでまだ未知数ですが、リスクとして把握しておく必要があります。

Q&A

Q:リスクを極力避けられるICOってある??


A:実はいくつか存在します。
既に数年の運営年数の経験を経た上で大手のクライアントやユーザーを抱えている企業のICOであれば、リスクと注意点を踏まえた上で良い投資が行えると言えますね。

具体的にいうと、海外のメッセンジャーアプリを開発・運営しているKINやDADIなどです。KINは既にユーザーを抱えており、ICO段階で仮想通貨業界三代大手企業から約50億円もの出資を受けているため、上場後も安定した伸び率が期待出来るでしょう。

DADIは企業向けの、販売、在庫管理、顧客管理や分析などを一括して行えるプラットフォームを提供するwebサービスを展開しています。

既にイギリスやアメリカなどに点在する大手メディアや大手中古車販売業者がクライアントとして存在しているため、企業の信頼性は非常に高く、注目度も高いです。

まとめ

いかがでしたか?KINは既にICOが終了しましたが、イーサデルタなどの取引所では現在もトークンの購入が可能なようです。DADIのICOは今月22日からプレセールを開催するようなので、これから始められる方でDADIが気になった方は是非検討してみてはいかがでしょうか。

また、今人気の匿名仮想通貨を含めたアルトコインを使って稼げる手法を公開しているので、こちらもあわせてチェックしてみてください。

↓↓手法はここから入手できます。↓↓

\ SNSでシェアしよう! /

お金の悩み解決 -valu cloud-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の悩み解決 -valu cloud-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

若林 悟

若林 悟

若林 悟(わかばやし さとる)

ニックネーム:バガボンド

毎日何もせずお金に困り過ぎていた時期に出会った一冊のビジネス書に触発され、「働いてお金を稼ぐ」という意識から、「お金を働かせて稼ぐ」という意識に変わるが、働きたくないという意識が強過ぎて、楽して稼ぐための情報に対して敏感になり過ぎてしまっている節がある。

主に最近話題の仮想通貨をはじめ、FXやバイナリーオプションなど投資に関する新鮮な情報に切り込んでお伝えします。

得意分野:バイナリーオプション/FX/仮想通貨/副業/その他

この人が書いた記事  記事一覧

  • プロボクサーのマニー・パッキャオ氏が仮想通貨サービスをスタート!?

  • 2ちゃんねる発祥の「NANJコイン」とは?その実態に迫る!

  • 【バイナリー】保有率99%!?ツールソフトの決定版「MT4」!

  • バイナリーオプションで勝てるロジックを学ぶ!

関連記事

  • 仮想通貨初心者が投資を始めるにはいくらが適正なのか?

  • 2019年年始より株式市場の暴落に伴いビットコイン(BTC)も大暴落!今後リスクオフの動き強まる!

  • ビットコイン創始者「サトシ・ナカモト=悪いAI説」が浮上!

  • リップル社訴訟問題について。リップルが証券として認められたら?

  • Rippleの兄弟?仮想通貨Stellarとは一体どんな通貨か?

  • 仮想通貨ビットコイン(BTC)の空売りとは?