1. TOP
  2. Galaxy Digital社CEOが機関投資家の仮想通貨市場参入の時期を予想

Galaxy Digital社CEOが機関投資家の仮想通貨市場参入の時期を予想

あおい
こんにちは!

あおいです!

Galaxy Digital社CEO、マイケル・ノボグラッツ氏が、仮想通貨市場における自身の見解をブルームバーグとのインタビューにて示しました!

今後の仮想通貨市場と仮想通貨相場の動向を考察する上で非常に参考になりますので詳しく解説致します!

Galaxy Digital社CEOが機関投資家の仮想通貨市場への参入時期を予想

Galaxy Digital社CEOが機関投資家の仮想通貨市場への参入時期を予想

マイケル・ノボグラッツ氏は、ブルームバーグとのインタビュー内にて、機関投資家の参入時期について次のような見解を示しました。

機関投資家が安心して仮想通貨市場に参入できる必要な構造はすべて整った。
今後、半年から1年をかけて、徐々に運用資産のごく一部を仮想通貨に投じていくだろう。

マイケル・ノボグラッツ氏が「機関投資家が市場参入する環境が整った」と考える背景には次のような理由が考えられます。

  • 3月中旬開始予想の世界最大規模の投資信託運用企業、フィデリティー社による機関投資向けカストディーサービス
  • 3月始動予定のニューヨーク証券取引所が提供するBakkt

そして、機関投資家達がすぐに市場参入せずに、「半年~1年」という期間がかかる理由については次のように述べました。

カストディー業者は、既に4、5ほどサービスを提供している。
フィデリティーが仮想通貨カストディーのサービスを開始した直後に機関投資家が殺到するわけではない。

しかし、機関投資家といった大型金融機関の「運用資産のごく一部」は、相当な金額になるため、ノボグラッツ氏は、仮想通貨市場への機関投資家の莫大な資金流入を待つ姿勢を示しています。

仮想通貨相場上昇には今後機関投資家参入が必要不可欠

仮想通貨相場上昇には今後機関投資家参入が必要不可欠

マイケル・ノボグラッツ氏は、2017年末から2018年初めの仮想通貨バブルが弾けた点において、多くの投資家が痛手を被ったことを認める一方、ビットコインに対しての確信が変わらない理由を次のように述べました。

仮想通貨市場は、最初の革命である一般投資家から機関投資家といった金融機関を迎え入れる工程にある。

仮想通貨の誕生は、金融の歴史を塗り替える革命として投資家の幅広い層を熱狂させました。

そして、2017年、仮想通貨バブルが崩壊しました。

それ以降は、小さな乱高下を繰り返しながら、相場は下落に傾きました。

そんな現在の仮想通貨市場において、マイケル・ノボグラッツ氏は、仮想通貨相場が再び上昇するには一般投資家から莫大な資金力をもつ機関投資家へバトンタッチする必要があると考えているようです。

ビットコイン=デジタルゴールド

ビットコイン=デジタルゴールド

マイケル・ノボグラッツ氏は、仮想通貨の次の段階について次のように述べました。

ビットコインとその他の仮想通貨の境界線がより浮彫になる。
そして、ビットコインがデジタルゴールド(デジタル版の金)になる日がくる。
180種類ある仮想通貨の中でゴールドはたった一つだ。

マイケル・ノボグラッツ氏は、ビットコインが金に例えられる理由として、その独立性を挙げています。

ビットコインは、次の2つの理由によりコモディティーとして長く地位を保っている金と類似しているとしています。

  1. どの法定通貨とも関連していない
  2. 国境に縛られない

そして、マイケル・ノボグラッツ氏は、ビットコインの独立性について次のように述べました。

多少のコストをかけても利用する価値がある。

また、ビットコイン=デジタルゴールドという構想を持つのは、マイケル・ノボグラッツ氏だけではありません。

2018年3月、PayPal創設者、ピーター・ティール氏は次のような発言を残しています。

ビットコイン(BTC)はオンライン上の金と同等であり、世界経済崩壊の際に備える一種のリスクヘッジである。

このようにビットコインは金と同等であると考える人は多いようですが、その特性から未来の金となる可能性は高いです。

そういった意味でもビットコインは仮想通貨のTOPであり、基軸通貨となる所以でもあると言えます。

そんなビットコインの最適な「売り・買い」のタイミングを現在期間限定で現在無料公開しております。

また、仮想通貨投資に役立つ特典も多数ご用意しておりますのでご希望の方は以下よりご請求ください。

1. 以下QRコード、友達追加IDもしくは「LINE@で特別な情報を受け取る」からLINE@で「あおい」を友達追加!
2. キーワードを送って仮想通貨投資に役立つプレゼントゲット!

・仮想通貨について学べる【仮想通貨ガイドブック】と仮想通貨の最新情報
 →友達追加でゲット
・SBIによる最新資料
→「SBI」とのみお送りください。
・2019年高騰期待の通貨銘柄10選
→「オススメ」とのみお送りください。
・仮想通貨市場のセンチメントが分かるPredicoin
→「pre」とのみお送りください。
・2019年の仮想通貨市場動向予想
 →「2019年」とのみお送りください。
・【主要通貨の価格予想】
 →「期間限定」とのみお送りください。
・仮想通貨の全てがわかる【仮想通貨大辞典】
 →「大辞典」とのみお送りください。
・仮想通貨の自動売買!?【XRP自動売買ツール】
 →「自動売買」とのみお送りください。

その他特典多数ご用意!

※「あおい」LINE@限定

「あおい」のLINE@

友達追加ID:@lar1657b

まとめ

まとめ

あおい
いかがだったでしょうか?

Galaxy Digital社CEOの予想によると機関投資家の仮想通貨市場への参入は近いです!

そして!

機関投資家が市場に参入すれば、その莫大な資金流入により価格の高騰が大いに期待できます!

つまり、マイケル・ノボグラッツ氏が予想する「半年から1年」というスパンがポイントとなりそうです!

そして、そんな高騰を前に、底値も近々訪れると予想する専門家も多く、仕込み時は近いです!

その際に仕込んでおくべき通貨銘柄がいくつかあり、それを現在期間限定で現在無料公開しております!

また、仮想通貨投資に役立つ特典も多数ご用意しておりますのでまずはどんなものかご確認ください!

是非、仮想通貨投資の参考にしてくださいね!

【特典多数プレゼント!】

・2019年高騰期待の通貨銘柄10選
・2019年の仮想通貨市場動向予想
・仮想通貨200種類格付け
・仮想通貨400種類開発度ランキング
・潜在性抜群の9通貨
・2019年の仮想通貨5大予想
・仮想通貨最新情報
などなど
他にも特典多数ご用意!

機関投資家参入が期待できる2019年仮想通貨市場

機関投資家参入が期待できる2019年仮想通貨市場

マイケル・ノボグラッツ氏が予想するように2019年は機関投資家の市場流入の年と
考える専門家は多いです。

その背景として、仮想通貨市場のインフラが整い、規制強化が進んでいることが挙げられますが、
機関投資家が市場参入すれば、2019年、再び仮想通貨バブルが起き、価格の暴騰が起こることでしょう。

このように、市場動向から相場の予想というのはある程度可能です。

そんな2019年の仮想通貨相場が分かる市場動向予想を現在期間限定で現在無料公開しております。

既に当たっているものもあり、かなり参考になるかと思いますのでまずはどんなものかチェックしてみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

お金の悩み解決 -valu cloud-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の悩み解決 -valu cloud-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あおい

あおい

元々YOUTUBERとして仮想通貨の最新情報とチャート分析を配信。
仮想通貨女子、億り人です♪
ビットコインを始めとした仮想通貨の最適な仕込み時と高騰予想をお送りします♥
是非わたしのブログと動画をご覧になって仮想通貨投資の参考にしてくださいね!

この人が書いた記事  記事一覧

  • リップルプロダクトxRapid利用企業今後増加傾向!?SBIマネータップ社に地銀13行が出資!

  • ビットコイン高騰は2019年5月 相次ぐ仮想通貨市場の好材料

  • 仮想通貨格付け最新版公表!XRPが一位!2019年買いのタイミングが来る!

  • 金融庁が新たに楽天とディーカレット2つの仮想通貨取引所認可!価格への影響とは?

関連記事

  • 仮想通貨はバブルなのか?崩壊するか否かを追求!

  • ビットコイン高騰は2019年5月 相次ぐ仮想通貨市場の好材料

  • 仮想通貨取引所コインベースにリップル(XRP)上場!価格への影響と今後の予想

  • 大注目の仮想通貨TRONとは?その特徴と投資価値を追求!

  • ADA(カルダノコイン)で投資が出来るICO投資案件を紹介!

  • 【仮想通貨入門編】ゼロから学べる仮想通貨入門