1. TOP
  2. FXはレバレッジが最大の鍵!

FXはレバレッジが最大の鍵!

 2017/05/24 FX テクニック FX
この記事は約 6 分で読めます。 1,658 Views

FXの代名詞とも言える「レバレッジ」。

「レバレッジってそもそも何?」「どういう仕組み?」

今回はFXのレバレッジについてお話させていただきます。

【FX】レバレッジとは


FXでは、はじめに取引会社に自分のお金を証拠金として預け入れることで、証拠金の最大で25倍の金額で取引できます。

これをレバレッジといいます。

レバレッジとは、証拠金にかける「てこ」のようなもの。

少ない資本金でも大きな取引ができるようになることを表していて、通常は、レバレッジ○○倍といった言い方をします。

 

レバレッジのメリット・デメリット


レバレッジのメリットは以下の通りあります。

  • 利益を増大できる
  • 借金と違って金利や利息は一切かからない
  • 自分自信でリスクコントロールができる

逆にデメリットは一つです。

  • 利益が増大する分、損失も増大する

レバレッジはかけ過ぎると損失を拡大させてしまう要因になりますが、適切な倍率をかけることでFXならではのメリットを最大限活かせます。

しかもいくらレバレッジをかけても金利や利息は一切かかりません。

これもこの上ないメリットだと言えるでしょう。

 

ロスカットや強制決済のしくみ


ロスカット注文や強制決済というのは、対象商品が一定の価格以下になった場合や預けている証拠金が一定の証拠金維持率を下回った時に行われる決済注文です。

たとえば、
100万円の資金で500円で2万株(1000万円分)投資した場合、株価が450円になった時点で元本がゼロになる計算となります。
そのため、それよりも高い価格でロスカット注文(損切り注文)を入れておきます(これは投資家が任意)。

そうしておけば、元本以上に損をすることはありません。

また、各証券会社などでは強制決済のラインというものも設けており、損失が一定以上になったら投資家の意思にかかわらず強制的に決済注文を出すという仕組が備わっています。

そのため、ちゃんとロスカットや強制決済が成立すれば元本以上の損失をすることはありません。

しかしながら、100%ではありません。ロスカットや強制決済は瞬時に成立するわけではなく、条件を満たした時に注文を出すに過ぎないということです。

 

ロスカットをせずにFXでレバレッジを使うのは危険


ここまでレバレッジが使えるFXの鍵を握る損切りの基本的な構造を説明しました。

ここからは、ロスカット設定をせずにFXでレバレッジを使うことに伴う3つのデメリットを紹介していきます。

 

1.常に為替相場をチェックしないといけない
為替相場は24時間いつでも動くので保有通貨の価値が常に変動します。損切り設定をせずにレバレッジを使うと保有通貨の急落リスクに備えて為替相場の値動きを常にチェックしなくてはいけません。

眠っている間も為替相場は動くので、一人では24時間為替相場をチェックすることは事実上不可能です。

そんな不可能なことにチャレンジすることになります。

 

2.万が一の急落リスクに対応できない
保有通貨の価値は、落ちるときは一気に落ちます。

過去の米ドル-日本円間の為替相場の値動きを見てみると7円を超える値動きが1日で発生した日もあります。

FXでレバレッジを使っている時に保有通貨の価値が7円も暴落すると証拠金を超える損失が発生する恐れがあります。

レバレッジ利用時の通貨価値の大幅な下落は大惨事になりかねないので、万が一のためにも損切りは設定しておきたいものです。

 

3.高いレバレッジを使えない
損切りというFXにおける「守り」ができていないと余程強気の人ではないと高いレバレッジを使うことに戸惑うはずです。

FXの醍醐味である高レバレッジを使うためにもレバレッジ利用時のリスクを最小限にできる損切りは積極的に利用したいものです。

 

規制が入り穏やかな取引に


2007年頃はレバレッジ規制がなかったので、100倍~400倍で利用できる国内業者もたくさんありました。

一攫千金を夢見て、高レバレッジをしていた方も少なくなく『ハイレバレッジで取引している人は1回の取引で退場になることが多かった』です。

その結果「FXはギャンブル」という認識を与えてしまい、誤解を招くような投資になってしまいました。

 

適切なレバレッジ倍率とは?


FXでは、最大25倍のレバレッジをかけることができますが、実際に25倍のレバレッジをかけると、儲けも大きいですが、少し為替レートが下がっただけで、あっという間に大きく損失が出てしまいます。

デイトレードなどの短期取引をする場合は、1取引の時間軸が短いことや、少しの値幅で小さい利益を積み上げる手法になるので、「レバレッジは15倍~25倍」でも問題ありません。

ただし、シビアなリスク管理が求められることは言うまでもありません。
逆に、リスクを小さく安定したレバレッジで取引したい場合は、「5倍以下」が理想です。

2倍、3倍程度のレバレッジ倍率に抑えておけばより安全です。
また、FXには「レバレッジ1倍」というものがあります。

これはレバレッジをかけない、いわゆる外貨預金とまったく同じになるので、為替変動による資産の増加、目減りはあるものの、ロスカットされて購入した外貨が強制決済されることがない、もっとも安全な運用方法です。

もちろん利益的な面ではそれほど多く稼げません。

 

Q.最初はレバレッジどれくらいがいいの?


A.1年未満なら1倍~3倍、1年~3年未満なら1倍~5倍、3年以上なら資産に合わせた余裕のある取引

FX初心者は低レバレッジでスタートすることをおすすめします

為替相場が逃げることはないので、取引を何度も経験して慣れてからゆっくりレバレッジをかけていく方が安全です。

FXレバレッジのかけかたは自動計算されることが一般的で、難しく考えなくてもすぐに理解できると思いますが、不安な方はシミュレーションで計算してみると良いですよね。

動画で学習! FXはレバレッジが最大の鍵!

レバレッジを制するものがFXを制する


これだけはご安心ください。

FXで高いレバレッジを使っても想定外の損失が出ることはまずありません。

ロスカットの質がレバレッジリスクの大きさを決めるのでロスカットするラインについてはきちんと考える必要があります。
もちろんどんなによいロスカット条件を決めても決めた条件通りに決済が行われなければ意味がありません。
自分が望むタイミングで損切りを実行するためにも約定力の高いFX口座でFXに取り組んだ方が良いでしょう。

阪下ヒロ先生直伝の手法とあわせて、大儲けを狙ってください!

→FX最強投資術

\ SNSでシェアしよう! /

お金の悩み解決 -valu cloud-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の悩み解決 -valu cloud-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

真田 健人

真田 健人

初心者投資家に分かりやすく投資を伝授すべく執筆を行う。
休日はもっぱら家族サービス。
溺愛する娘に対しては「マジで目に入れても痛くない」と豪語。

ニックネーム:たもつ

この人が書いた記事  記事一覧

  • バイナリーの咲夜ってなんぞ?

  • バイナリーオプションで使える無料の予想ツール!

  • バイナリーオプションで予想するのに必要な事とは!

  • バイナリーオプションで注目されたairツールってなんぞ?

関連記事

  • FXのフラッシュクラッシュにご用心!過去の例と対策について

  • FXで一万円を毎日安定して稼ぐ方法!

  • FXのやり方や仕組みを完全網羅!

  • FXのナンピン手法は初心者厳禁だった!

  • ブレグジット は FX にどのように 影響 する!?イギリスの通貨 ポンド の及ぼす 影響

  • FXで勝てない!?FXで勝てない人の特徴と理由。