1. TOP
  2. FXで板情報は見られる?あまり知られていないFXの 「板」の秘密

FXで板情報は見られる?あまり知られていないFXの 「板」の秘密

FX ツール FX
この記事は約 6 分で読めます。 366 Views

今日の値動きはコチラ→http://fx.valu-cloud.com/

今回はFXの板情報について解説していきます。
FXで板情報を見る機会は限りなく少ないです。
そもそもどの業者のツールにも「板」という言葉はありません。
一方株取引では「板」情報は非常に重要です。
どちらも買いたい人と売りたい人の値段が一致したときに取引が成立します。
なぜFXでは「板」という言葉が出てこないのでしょうか。
それに似たツールはどこかにあるのでしょうか。
こんな点について解説していきます。

今回は板情報について説明していきます。
株取引を経験された方でしたら知っている方が大半でしょう。
一方でFX取引しか経験していない方は見たことがない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
「板」とは主に株取引などで使われるツールです。
その値段でどれだけの注文数が入っているかを確認することができます。
株式トレーダの中にはチャートを見ずに「板情報」だけでトレードする人もいるくらい重要な指標なのです。
しかし株取引ではよく目にする「板」ですがFXになるとぱったり目にする機会がなくなります。
株を経験して、FXを初めて取引される方だったら少し戸惑われるかもしれません。
でも板情報は見ることができなくても同じような情報を手に入れることは可能です!!
ではそもそもなぜFXでは板情報を見ることができないのでしょうか。
FXで「板」と同じような情報はどのように手に入れることができるのでしょうか
今回は

  • FXで板情報を見ることができない理由
  • 機関投資家の動向を見るマーケットデプスとは
  • 未決済注文を見るオーダーブックとは

について解説していきます。

FXで板情報を見ることができないの理由

残念ながらFXでは株取引と全く同じような板情報は基本的に見ることができません。
それはFX取引では大部分が市場の外で取引されておりすべての注文の正確なデータをとることができないからです。
詳しく解説していきましょう。
そもそもなぜ株取引では板情報を見ることができるのでしょうか。
株取引では、すべての注文は東京証券取引所に集まります。
自分が注文を出すとまず取引している証券会社に注文が行き、その注文はすべて東京証券取引所に流されます。
そして東京証券取引所が売買成立をさせ、証券会社に取引成立の旨を通知します。そして証券会社がお客様に取引成立を知らせます。
つまり、すべての注文は東京証券取引所が把握できるというわけです。
一方で為替取引には2種類の取引方法があります。
それは市場取引と相対取引です。
FXでよく聞くことがあるのは「くりっく365」と「店頭FX」ですね。
相対取引である店頭FXは、自分と取引業者間で売買を成立させます。
株取引のように仲介役は存在しません。
クリック365と呼ばれる市場取引ですがこれは日本国内の中だけであり、しかもそれに参加している業者の中だけのものです。
実際のFX取引は、市場の外で行われるほうが圧倒的に多いです。
しかも通貨を扱うわけですから世界中から注文があります。
トレーダだけでなく、銀行や企業などの実需注文も入ってきます。
そのためトレーダは、FX取引業者と直接取引をします。
そしてFX業者が銀行に注文を流す仕組みなのです。
外国為替市場とよく言いますがすべての注文を引き受ける取引所というものは存在しません。
ですからFX取引では、すべての注文を示した板情報を見ることはできないのです。
それでも株取引と全く同じではありませんが、FX業者の中にはオーダーポジションを提供している会社があります。
主に2つを紹介します。

機関投資家の動向を見るマーケットデプス

デューカスコピージャパンは、外資系のFX業者です。
初めて聞く方も多いと思いますが、日本の登録業者ですので安心して利用できます。
実はデューカスコピージャパンの親会社は「DUKASCOPY BANK」でスイス系の銀行です。
取引量も圧倒的で世界中の有名な証券会社が取引をしています。
このマーケットデプスの外観は、板情報に似たような感じです。
値段の横に注文数が表示されており、現在買いが優勢なのか、売りが優勢なのかがわかります。
ここに表示されているのはDUCASCOPY BANKの取引先銀行や他の顧客などの情報です。
主要通貨の取引量も多いのでとても参考になります。
このマーケットデプスの大きな特徴は、FX取引で重要な機関投資家など大きなポジションを持ってトレードする投資家がどこにどのくらいの注文を入れているのかが一目でわかるということです。
まだ日本で知っている人は少数ですがこういった機能は注目されつつあります。
ぜひ口座開設を検討されてはいかがでしょうか。

未決済注文が見れるオーダーブックとは

こちらはオアンダジャパンが提供するツールです。
板ではありませんがグラフでどこにどのくらいの注文数があるのかを確認することができます。
このツールの最大の特徴は未決済ポジションを見ることができるということです。
例えば、現在価格がドル円で110円だとします。
未決済ポジションを見ると108円で売りを持っている人が大量にいるとします。
ここからどんな推測ができるでしょうか。
つまり耐えきれなくなって損切する人がこれから一気に増える可能性があるということです。
ということは上昇にもっと勢いがつくとみてよいでしょう。
ですから、自分は上昇に勢いがつくとみて買いを仕掛けることができます。
また、もし売りのポジションを持っているならば、早めに決済しないとどんどん損が膨らんでいってしまう可能性が高いということを理解することができます。
※2018年10月15日以降口座を持っている方は更新頻度が5分になります。
しかし口座開設をしていないと更新頻度が30分になります。
最新の情報を得るためにも口座開設をすることをお勧めします。

いかがでしたか。
今回は

  • FXで板情報を見ることができない理由
  • 機関投資家の動向を見るマーケットデプスとは
  • 未決済注文を見るオーダーブックとは

について解説してきました。

FXでは、確かにすべての注文を示した板情報はありませんが、上記のツールを使って様々な情報を得ることができます。
ぜひ上記のツールを使ってFX取引をマスターしましょう!

━Fxが見える!勝てる!”取引に必須の考え方”を入手しましょう!━

気軽に始められるFXですが!
今回、初心者でもすぐにわかる、利益を出せる方法を
わかりやすく配信します!
ご希望の方は

1. 以下QRコード、もしくは「Line@で特別な情報を受け取る」からLINE@で友達追加!
2. 折り返しメッセージで特典をゲットしてください!

この情報はいつまで公開できるかわかりません。
手に入れるなら今!お急ぎください。

LINE@で特別な情報を受け取る

▼FX必勝法!今だけ無料特典を手に入れよう!▼

FXの攻略方法を日々模索しているチームが
少しの工夫で利益を爆上げする方法を発見しました。
本気で稼ぎたい方だけに特別にお伝えしますので
ご希望の方は
入力フォームにメールアドレスを入力して、
送信ボタンを押してください。
いつまで公開できるかわかりません。
今すぐ入手してください!

↓↓手法はここから入手できます↓↓


\ SNSでシェアしよう! /

お金の悩み解決 -valu cloud-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の悩み解決 -valu cloud-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

はたけ

はたけ

バイナリーオプションやFX・仮想通貨に関してYouTube上に300本以上の動画を投稿。
投資についてあらゆる手法やツール・ノウハウの検証を行い
稼げる投資家育成のため情報を発信し続けている。

この人が書いた記事  記事一覧

  • バイナリーオプションで勝てない主な理由と克服方法

  • バイナリーオプションはプライスアクションで簡単攻略

  • ティックチャートでバイナリーオプション攻略!短期取引で勝率アップ

  • バイナリーオプション初心者が使うべきツール

関連記事

  • FXのインジケーター!トレンド系、オシレータ系の違いとは?

  • FXのローソク足とは。FXのローソク足を通して何が分かるのか。

  • FXとは何か?解説から始め方まで初心者のためのFX入門書

  • FXを1万円で始めた方が良い理由とは?

  • 【初心者向け】FXのやり方を学ぶ前に知っておきたい言葉「スワップポイント」とは。

  • FX取引はいくらから?FXでいくらから取引を始めるか考える