1. TOP
  2. FXで損をしないためには?重要なポイントはこの2つ!

FXで損をしないためには?重要なポイントはこの2つ!

 2017/09/25 FX ノウハウ FX
この記事は約 6 分で読めます。 1,496 Views

FXに、ハイリスクな投資というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。億を稼ぐトレーダーも多いですが、地獄を見るトレーダーも多いのです。ポイントを押さえることで、リスクを最小限に押さえることができます。

今回は、FXで損をしないために必要ポイントを、2つに分けてお話ししていきましょう。

FXで損をしないためのポイント1/正確な損切り

FXで損をしないためには、この損切りは欠かせません。初心者が大損をする理由として、この損切りができないことが原因になっている場合が多いのです。

損切りとは、持っているポジションで損失が出ているときに、それ以上損失が膨らまないように決済することを言います。つまり、損失を最小限に押さえるために、損失を確定させるということです。相場は、予想した通りに動くとは限らないので、この損切りを行って損失を最小限に押さえる必要があります。

このように、相場が予想と反対方向に動いてしまったときに、損失を小さくする技術なのです。特に初心者は、「もう少し待てば戻ってくる」と自分の都合の良い方に考えてしまいます。そのため、損切りができずに、損失が大きくなってしまうのです。

そして、一番避けなければならないのが、強制ロスカットです。強制ロスカットとは、口座の残金(証拠金)がマイナスになるのを防ぐために、強制的に決済されるシステムのことを言います。

適切なタイミングで損切りができないと、証拠金維持率によっては強制ロスカットをされてしまい、投資金を全て失ったり、最悪の場合は投資金を超えた借金を背負ってしまう可能性があるのです。業者によって基準が異なるので、必ず確認するようにしてください。

このように、損切りはFXで損をしないために必要不可欠なので、必ず覚えましょう。

今回は、基本的な損切りラインを2つご紹介します。

総資産の割合で損切り

この方法は、総資産に対する割合で損切りをするもので、もっとも使われている損切り方法と言えるでしょう。基本的には、総資産の2%~5%を損切りラインとします。例えば、口座残金が10万円の場合、2000円から5000円ということです。

直近高値と直近安値を基準に損切り

こちらもよく使われている損切り方法で、直近高値・直近安値を損切りラインとするものです。相場が損切りラインを超えた場合は、トレンド転換の可能性もあります。根拠のある損切りポイントと言えるでしょう。

FXで損をしないためには、適切なポイントで損切りをする必要があります。あらかじめ損切りについてのルールを決めておくことで、無駄な損失を防ぐことができるのです。今回ご紹介した損切りラインは、ほんの一部なので、自分のトレード手法にあった損切りラインを見つけていきましょう。

FXで損をしないためのポイント2/適正なレバレッジ

FX最大の醍醐味であるレバレッジですが、自分の資金量、リスク管理能力に合ったレバレッジを選択しなければ、損をしてしまいます。損切りに並び、初心者が大損をしてしまう原因の一つです。

レバレッジとは、手元の口座資金を証拠金とし、その何倍もの通貨量を動かせることです。通常、10万円の資金であれば、10万円分の通貨を動かすことになりますが、例えば10倍のレバレッジを使うと、10万円の資金を100万円分の通貨量で取引することができます。

だだし、ハイレバレッジにするほど、損失に繋がるリスクも大きくなります。大きな利益になることもありますが、リスク管理を徹底しないと、口座資金はあっという間になくなってしまうのです。

レバレッジは、言わばてこの原理で、少ない資金で大きな資金を動かします。つまり、支えている点が小さいので、少し不利に相場が動いただけでもバランスを崩してしまうのです。それゆえ、資金が少なく、リスク管理ができない初心者がハイレバレッジで取引をすると、強制ロスカットによって大きな損をしてしまいます。

このハイリスク・ハイリターンのレバレッジですが、日本では徐々に規制が厳しくなりました。やはり、大損失を被る投資家が多いことが背景にあり、個人投資家の保護が目的とされています。

【日本と海外の最大レバレッジ倍率の違い】

  • 日本 → レバレッジ最大25倍
  • 海外 → レバレッジ最大1000倍など

※海外は業者によって、レバレッジ倍率の上限が異なります。

現在、日本での最大レバレッジは25倍と定められています。元々は日本にも、レバレッジ400倍の業者などもありました。海外の1000倍を考えると、感覚が麻痺してしまいますが、25倍でも十分なリスクを背負っていることを忘れてはいけません。国が規制をかけるほど、リスクがあるということです。

FXで損をしないレバレッジのかけ方は?

ここまでのレバレッジについてのお話で、危険なイメージを持った方もいるでしょう。

しかし実際は、資金量や手法によってはレバレッジが100倍でも、1000倍でも使いこなすことは可能です。初心者がレバレッジが理由で大損をしてしまうのは、適正なレバレッジ、リスク管理ができていないからなのです。

レバレッジに合った資金量、分析力、リスク管理能力があれば、ハイレバレッジで最大効果を狙っても問題はないでしょう。海外のハイレバレッジを使い、大きな利益を上げている投資家がいることも事実です。

初心者のうちは、レバレッジを使わなかったり、レバレッジ2~3倍程度でコツコツと利益を積み上げていくことをオススメします。

Q&Aコーナー

Q:FXで損をしないための心構えを教えてください。

A:負けを追わないことです。熱くなりすぎてはいけません。

FXで損をする人は、損失を追ってしまう傾向にあります。そして、一回の取引や1日で、全ての損失を取り返そうとしてしまうのです。「負けを取り返したい」という気持ちはわかりますが、その焦りが無駄な損失につながります。

自分の中でルール作りをするなど、メンタルに対する支えが必要になるのです。

損ではなく利益を追求するFX最強投資術!

FXで損をする原因として、「損切り」や「レバレッジ」についてのお話をしました。この二つはとても大事ですが、そもそも手法がなければ利益を生み出すことは難しいです。阪下ヒロ先生のFX最強投資術をご覧になり、勝てる手法を身につけてください。

※クリックでリンク先へ移動します。

FX最強投資術

\ SNSでシェアしよう! /

お金の悩み解決 -valu cloud-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の悩み解決 -valu cloud-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

村川真哉

10代でネットビジネスに出会い、投資、転売、せどりなど幅広く経験。
現在は投資初心者へ向けた情報発信を行っている。

休日は友人と酒を浴びるのが日課。
座右の銘は「人生死ぬまでの暇つぶし」

ニックネーム:hotaru

この人が書いた記事  記事一覧

  • FXの期待値とは?トータルで利益を出すことが重要!

  • 仮想通貨のブロックチェーンとは!?

  • 【バイナリーオプション】政治イベント時は稼げるのか!?

  • 【バイナリーオプション】ウィリアムズ%Rで相場を先読み!

関連記事

  • FXとバイナリーの違いとは?

  • FXのaiはトレーダーの未来を変えるのか!?

  • FXのパソコンの選び方とは?環境ひとつで成績が変わる!

  • 【FXの基礎】知っておくべき専門用語とは?

  • FXで爆死を避ける方法は無いのか?

  • FXの専業トレーダーの素晴らしさとは?