1. TOP
  2. 流出したNEMに続報!ダークウェブ上の取引所で売買中か?

流出したNEMに続報!ダークウェブ上の取引所で売買中か?

 2018/02/10 仮想通貨
この記事は約 4 分で読めます。 1,012 Views

先日流出したNEMの行方が多少なりと明らかになりました。なんとダークウェブ上の取引所で売買が行われているというのです。今回は、その流出したNEMの行方と現在の状況をお届けします。

NEM流出事件

2018年1月26日に、国内最王手の仮想通貨取引所であるcoincheck(コインチェック)から約580億円分のXEM(NEMの通貨単位)が流出し、過去最大の被害として大きな話題となりました。

このNEMの行方を(※)ホワイトハッカーが追っていたところ、なんとダークウェブ上で他の仮想通貨との交換を持ちかけていた形跡があることがつい最近分かりました。

(※)ホワイトハッカー:ハッカーに対するハッカーの総称。

NEM流出事件とダークウェブについて

匿名化ソフトを使ってのみ接続できるネット空間のこと。ここではアンダーグラウンドなコンテンツや、非合法な取引、ハッキングなどが横行しており、麻薬、銃器、個人情報なども売買されています。利用者の特定が困難なことが特徴としてあげられます。

今回のNEM密売が行われているサイトはドメインの末尾が.onionという匿名通信システムであるTor(トーア)を使用することでのみアクセスできる場所にあることが明らかになりました。しかし、具体的なサイト名などは不明なままです。

流出したNEMは、ダークウェブ上でどうなるのか?

流出したNEMの一部は20か所以上の口座に送られていました。同時にメッセージには、ダークウェブのURLと15%offとの記載があり、ダークウェブのサイトには数千万円相当のNEMをビットコインなど別の仮想通貨と交換できると英文で書かれていました。

情報セキュリティーの専門家は「身元特定が難しいダークウェブでNEMを別の仮想通貨に換え、換金する為の様々な手段を画策しているのではないか」と見ています。

流出を防ぐため、今後の対策は?

今回のNEM流出事件を巡っては、犯人のウォレットから送金されたNEMにマーキングする等して、報道では対策がとられているように報じられています。しかし、実際のところその対策が有効かどうかはまた別問題なのです。

例えば、マーキングしたウォレットを凍結することが対策だったとします。一見有効に見えるこの手段にも穴があります。既に犯人が実施していることですが、少額のNEMを不特定多数へ送信するなどした場合、それを受け取った無関係の人のウォレットも使用不可能になります。

これは、ある意味無差別テロ状態になってしまい、NEMそのものの通貨価値が損なわれかねないのです。今回の件を完全に解決することが1番に望まれますが、それで被害者が救済されたとしても、NEMを含む仮想通貨界に残した爪痕は非常に大きなものになるでしょう。どこで線引きをするのかが注目点になります。

Q&Aコーナー

Q:仮想通貨の評価は、今回の一件で下がりますか?

A:一時的には下がりますが、注目度は上がるでしょう。

図らずも浮き彫りになったのは、仮想通貨に対する世間の注目度と、政府や世界中のあらゆる機関や銀行が真剣に取り組み始めたという事実です。規制が始まるということは、仮想通貨自体に価値が生まれたことと同義であると思います。

▽まとめ

流出したNEMの続報をお届けしました。また続報があれば追ってご報告します。これを機会に、さらにユーザーフレンドリーで消費者が守られる仕組みが、非中央集権な形で生まれることが望ましいですね。

こういう風に、仮想通貨の世界をもっと楽しんでいってください。そしてどうせ楽しむならしっかりした稼ぎが欲しいところ。そこで、こちらも合わせてチェックしてみてください。

━仮想通貨無料特典の受取り方法━

1. 以下QRコード、もしくは「Line@で特別な情報を受け取る」からLINE@で友達追加!
2. 折り返しメッセージで特典をゲットしてください!

▼より高度な仮想通貨最新情報を配信!▼

高度なテクニカル分析を利用した取引をしないのであれば、今底値で買っておけばどの通貨も上がることは予想できます。
そして、より高度な分析や新鮮な情報や手法を手に入れませんか?こちらで随時配信しているのでチェックをお願いします!

↓↓手法はここから入手できます↓↓


\ SNSでシェアしよう! /

お金の悩み解決 -valu cloud-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の悩み解決 -valu cloud-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

富田 敦

富田 敦

FXやバイナリーオプションなど、投資や資産で悩む人への記事を主に執筆しています。趣味はバンド(ドラム担当)・映画鑑賞

休日には、気心の知れた友人とスタジオに入り曲作りやコピー曲を演奏。
スタジオ終わりの一口目のビールが生きている証拠だと感じます。

得意分野
FX|バイナリーオプション│投資│資産運用

この人が書いた記事  記事一覧

  • ローソク足を制するものはトレンドを制す!

  • 【バイナリーオプション】使えるのは順張りor逆張り?

  • バイナリーオプションにおいて一番重要な数字は【勝率】!

  • バイナリーオプションとカジノ法案の意外な関係性とは?

関連記事

  • 2075年から来た未来人【YJ】が仮想通貨の流通を明言!

  • 仮想通貨取引所のビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)保有量減少傾向 ! 今後価格安定化 !?

  • ADAコインが高騰した理由とこれからの投資価値とは?

  • ビットコイン高騰は2019年5月 相次ぐ仮想通貨市場の好材料

  • リップル社訴訟問題について。リップルが証券として認められたら?

  • NEM流出の真犯人は!?見え隠れする「あの」民族の影