1. TOP
  2. 初心者にもわかる!日経225のやり方について。取引の始め方と注文方法。

初心者にもわかる!日経225のやり方について。取引の始め方と注文方法。

日経225
この記事は約 5 分で読めます。 546 Views

「日経225ってどうやって始めたらいいの?」
「日経225を始めてみたいけど注文の方法がイマイチわからない!」
「日経225の注文方法にはどのような種類があるの?」
このように、日経225の始め方や始めた後の注文方法など、日経225のやり方について疑問を抱えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
始め方や注文方法を知らないからなかなか前に進めないという方もいらっしゃると思います。
今回は、始めた人も始めていない人も読んでためになる、「日経225の始め方」と「日経225の注文方法」について一部ご紹介していきます。
やろうという気持ちで止まったままでいないためにも、是非こちらの記事を読み進めてみてくださいね。

日経225の取引の始め方

日経225は、買ったものを売る、売ったものを買い戻すといったとてもシンプルな取引です。
ここでは具体的にどのようなステップを踏んで取引を行うのか見てみましょう。

【1】新規注文を行う

取引を始める際は、買ったものを売る場合も売ったものを買い戻す場合も「新規注文」を行うところからスタートします。
新規注文では、自分が取引を行いたい銘柄と買いの取引にするのか売りの取引にするのか、指値であればどれくらいの金額を取引するのかを決めて注文を行います。

【2】建玉を保有する

注文が確定されると、「建玉」を持つことになります。
建玉とは現在行なっている取引のことを指します。
通常「ポジション」と言われているものです。
買いの場合は「買建玉」、売りの場合は「売建玉」を保有していると言います。

【3】決済注文を行う

最後は取引を終了させる決済注文を行います。
決済注文とは、買いの取引の場合は「転売」、売りの取引の場合は「買い戻し」を行うことです。
決済注文が完了すれば、取引が終了します。

日経225における注文方法をご紹介

これから始める方や始めたばかりの人は、注文方法についてなかなか触れる機会が無いかもしれませんが、実は注文方法は1つではなく複数あるのです。
それらの注文方法を大きく分けると「指値注文(さしねちゅうもん)」と「成行注文(なりゆきちゅうもん)」の2種類に分けることができます。
最初から全ての注文方法を覚えるのは大変なので、こちらではその2つの注文方法についてご紹介します。

指値注文(さしねちゅうもん)

指値注文とは、買いたい金額や売りたい金額を指定して注文を行う方法です。
日経225において、最も定番な注文方法となっています。
指値注文では、株価が希望した金額にならなければ取引が成立しない、株価が希望した金額になれば取引が成立するようになっています。

成行注文(なりゆきちゅうもん)

成行注文とは、指値注文とは真逆の注文方法で買いたい金額や売りたい金額を指定しないで注文を行う方法です。
取引時間の中で最も価格が高い時や低い時を判断して、注文などを行います。

それぞれの注文方法のメリットとデメリットについて

こちらでは指値注文と成行注文のメリットとデメリットについてご説明いたします。

指値注文のメリット

指値注文は自分の希望した価格での取引しか行えないため取引のチャンスを逃してしまう可能性があるという点でデメリットがあると言えます。
また、損が出た時に売りに出す場合、売りの値として設定した値に届かず損がどんどん膨らんでいくという可能性もあります。
しかし、価格を指定して取引を行うことができるのは難しく考える必要もないためメリットの一つであると言えます。

成行注文のメリット

成行注文は、自分が想像していた取引とは全く異なる結果を出す可能性のある取引のため、リスクが少し大きくなるという点でデメリットがあると言えます。
しかし、成行注文では指値注文とは異なり注文を出してしまえば勝手に取引が行われるので、その点ではメリットがあると言うこともできます。

それぞれの注文方法にオススメの人は?

こちらでは指値注文と成行注文がどのような人にオススメなのかご説明いたします。

指値注文がオススメの人

手に入れる際の希望の金額や売りに出す際の希望の金額が明確に定まっている人は、価格を希望して取引を行う指値注文がオススメです。

成行注文がオススメの人

損が出てとにかく早く売りに出したいと考えている人は、指値注文は絶対にやめましょう。
損が出た場合は売りに出すことが最優先と考え、成行注文を選択することがオススメです。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は、「日経225の始め方」と「日経225の注文方法」について以下のことをご紹介・ご説明させて頂きました。

  • 日経225は、新規注文→建玉の保有→決済注文の3ステップで取引を行うことができる。
  • 日経225の注文方法は複数あり、それらを大きく分けると「指値注文(さしねちゅうもん)」と「成行注文(なりゆきちゅうもん)」の2種類に分類することができる。
  • 指値注文は希望価格を設定して取引を行う方法で、成行注文は指値注文とは真逆で価格を設定しないで取引を行う方法です。

こちらの記事を通して、日経225を始められる!と思えた方や、実際に注文を始めてみよう!と思えた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
是非この機会に日経225を始めて、たくさんの経験を積んでいってくださいね。

━経済的自由を得る一生モノのトレードノウハウ限定公開中━

日経225最強の投資手法を限定で公開しています。
今だけノウハウはなんと無料。いつ公開終了になってもおかしくないので、
興味のある方は以下のLINEに登録してノウハウを受け取ってください。

1. 以下QRコード、もしくは「日経225に関する禁断のノウハウを受け取る」からLINE@で友達追加!
2. 折り返しメッセージで特典をゲットしてください!

▼安定収入を得るための最新情報を配信!▼

もう二度と巷にあふれる嘘の情報に惑わされないで下さい。
このメルマガでは、本当に結果を出せる情報しか提供しておりません。
安定した利益を得たい、借金を返済して裕福な暮らしをしたい、
本気で稼ぎたいと思う方はぜひご登録して下さい。あなたにだけ
とっておきのノウハウをお伝え致します

↓↓最新ノウハウはこちらか入手できます↓↓


\ SNSでシェアしよう! /

お金の悩み解決 -valu cloud-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の悩み解決 -valu cloud-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あおい

あおい

元々YOUTUBERとして仮想通貨の最新情報とチャート分析を配信。
仮想通貨女子、億り人です♪
ビットコインを始めとした仮想通貨の最適な仕込み時と高騰予想をお送りします♥
是非わたしのブログと動画をご覧になって仮想通貨投資の参考にしてくださいね!

この人が書いた記事  記事一覧

  • バイナリーオプションの「稼ぎ方」を考える

  • バイナリーオプションで負ける人とは?バイナリーオプションで負ける人の特徴について解説!

  • リップルプロダクトxRapid利用企業今後増加傾向!?SBIマネータップ社に地銀13行が出資!

  • ビットコイン高騰は2019年5月 相次ぐ仮想通貨市場の好材料

関連記事

  • 日経225取引におけるATRとは。日経225取引でATRを活用するメリット。

  • 日経225の優良商材とは?

  • 日経225先物ミニ取引とは?日経225先物ミニの概要とメリット

  • 日経225のアノマリーとは。日経225でアノマリーを知るメリット。

  • 日経255から除外とはどういうことか

  • 日経225取引のうねり取りとは。日経225取引でうねり取りをするメリット。