1. TOP
  2. 仮想通貨投資する上で意識したい事とこれから投資すべき通貨とは?

仮想通貨投資する上で意識したい事とこれから投資すべき通貨とは?

 2018/03/07 仮想通貨
この記事は約 9 分で読めます。 320 Views

仮想通貨の投資をされている方から、これから仮想通貨投資を始めたいという方まで様々いらっしゃるかと思いますが、まだまだわからない事や不安を抱えたままの方も多いのではないかと思います。

年末年始に比べるとだいぶ仮想通貨市場の相場も安定してきた事もあり、上昇するかもしれないアルトコインを安値で買い、高くなるまでホールドし、ある程度価格が高くなったタイミングで売るというアルトコインでの投資をされている方がほとんどかもしれません。

ですが、そういったアルトコインが値動きする要因・原因を理解している方はかなり少ないのではないでしょうか。今回の記事では、これから仮想通貨をしていく上で大事な事と意識の持ち方、考え方と、それを踏まえた上で何に投資すべきなのか?という事について触れていきます。

2018年に持っておきたい仮想通貨への考え方


仮想通貨市場は2017年11月頃までは世間からの注目度が低かった事もあり、値動きがかなり平坦で比較的安定していました。仮想通貨は今どうなっていて、将来どう変わっていくのでしょうか。今現在の状況を踏まえて解説していきます。

仮想通貨の『今』

ビットコインが開発されてからもうすぐ10年が経過しますが、仮想通貨市場はまだまだ黎明期と言えます。

ビットコイン決済が利用出来る店舗は徐々に増え、世界中からの認知度は少しづつ上がってきているとは言え、まだ実生活で利用出来るレベルには至っていませんし、ビットコイン決済においては送金時間が遅いという課題もありますので、あまり現実的とは言えません。

また仮想通貨を使って商品を購入したり、どこかに送金をした事がある方はまだまだ少ないかと思いますが、商品を購入する事の出来る場所が既にいくつか存在しているにも関わらず、

実際に利用している人も少なく利用出来る箇所が増えないのは、恐らく通貨自体の価格が安定していない事や、セキュリティの問題などまだまだ細かい課題が沢山あるため実用化に至っていないからだと考えられますね。

仮想通貨の『未来』


仮想通貨で最も注目度が高いのは銀行送金で利用されるシーンと、決済サービスなどでの利用です。今現在の銀行のシステムを使っている状態では海外送金をする場合に5,000円程度の手数料がかかる上に手続きも面倒で、更に1週間近くの期間が必要と、決して使いやすいとは言い難い状況です。

これがリップルなどのブリッジ通貨を利用した送金が一般的になれば送金コストは圧倒的に安くなるだけではなく、距離に関わらず送金速度は一瞬になります。

また、世界的にクレジットカードでの仮想通貨決済の規制がされているせいもあるためか、仮想通貨を利用したVisaカードの登録は無期限延期の状態となっていますが、Litecoinを決済出来るLitePayなどのサービスが出てきた事も仮想通貨の将来に期待出来るポイントではないかと思います。

2018年に大きなアップデートを控えているNEMなども含めて、実生活への汎用性の高い通貨の開発が進めば進むほど、その通貨への期待値も担保されていく事でしょう。

その通貨が普及する事で期待出来る『結果』こそが、仮想通貨投資の真髄


もし仮想通貨が世間一般に普及したらどうなるでしょうか?世界中の誰もが仮想通貨を持っている状況になり、それだけ沢山の人が仮想通貨を買うという状況になった時の事を想像してみてください。

世界の人口は74億人と言われていますが、例えば一人あたり日本円で10,000円分のお金をリップルで持っているとしますよね?

リップルは発行枚数上限が630億XRPなので、約一人あたり8.5XRPを所有出来る事になります。先程の例で言うと、この8.5XRPがそのまま10,000円分の価値になっているという考え方ができますね。

つまり現時点で3月頭時点で100円前後になっているリップルを、世界中の人々が10,000円分保有することで、単純計算にして1XRPにつき約1176円の価値が付くことになります。現在の価格の10倍以上ですね。

ビットコインに換算すると…


リップル自体は銀行のインフラとして使われる通貨なので発行枚数が630億と非常に多いですが、bitcoinに関しては2,100万枚と非常に少なくなっていますが、先程の例をbitcoinに置き換えると、1btcにつき約352万の価値になる事になります。

めちゃくちゃな数字だと思うかもしれませんが、年末にビットコインは200万を超えているので、全く不思議な事ではありません。このように、今回ご説明したような意識を一つ一つ持つだけで、仮想通貨投資に対する意識は大きく変わっていくのではないでしょうか。

これから投資すべき仮想通貨とは?


では、これから仮想通貨に投資していく上で、何を意識すれば利益を得る事が出来るのでしょうか。これから仮想通貨投資をしていく上で利益が大きいものから順番に並べると、上から順番に、

①ICO

②草コイン(知名度の低い通貨/トークンなど)

③アルトコイン(ある程度知名度のある通貨)

④ビットコイン

となります。これはその通貨自体の単価が安い順番で、シンプルにその通貨が発行されてからの期間が短い順番になっていますが、短期から長期的な利益を作る為にはやはりICO投資がベストだといえますね。

名前はよく聞くけど、ICOって何??


株をやっている方にはIPOで通じるかもしれませんが、これは「まだ世界中どの取引所でも上場されていない、これから発行される通貨に対して投資出来る仕組み」で、仮想通貨を発行する企業が新しいサービスをするための資金集めの方法になっています。

まだその通貨が発行されていないので、当然ICO時点での単価が非常に安くなっています 。上場されない可能性もありますが、もし上場された場合、それだけでも通貨が買われて価格が高騰する可能性が出てきます。

更にその通貨の将来性が見出された場合、価格が高騰する可能性は更に高くなっていくでしょう。

一般的なICOの流れ

一般液な仮想通貨のICOの流れは次の通りです。

①ICO プレセール(②のパブリックセールよりも数十%安くなる)

②ICO パブリックセール

③発行元の開発やマーケティング

④取引所上場

通貨によってはパブリックセールが何度も開催される事もありますが、概ねこのようになっています。

ICOに参加する事でのリスク

ICOは基本的にイーサリアムで決済出来るものが多いので、プレセールやパブリックセールで資金調達額に到達しない場合は、イーサリアムの独自機能であるスマートコントラクトで返金される場合がほとんどですが、このスマートコントラクトが利用出来ない場合、これはかなりのリスクになります。

またその他では、取引上への上場が果たされずにセールで手に入れたトークンを売買出来ない事です。価格が暴騰する事を期待されてICOに参加するのにも関わらず、最終的に価値が上がったところで取引所で売買出来ないようでは全く意味がありませんよね。

詐欺も多く、規制が強くなっているICO

ICOは取引所への上場の前段階という事もあり、先行利益を得やすいという理由で注目され、2017年末から2018年頭にかけて世界各国でICO詐欺が横行しました。それによって世界中で規制が活発になった事も頭の片隅に入れておくと良いかもしれません。という事で、国ごとのICOの規制内容をご紹介します。

  • 【中国/韓国】ICOを全面禁止

ICOも含めた仮想通貨取引を規制した中国ですが、韓国も同様にICOを全面禁止する事になりました

  • 【アメリカ/カナダ/ロシア】許可を受けないとICOが出来ない

ロシアも後を追うようにして、国へのICOの申請後に許可を受けることでICOを実施する事が可能となりました。

  • 【シンガポール】トークン売買を可能にするサービスを規制

ICO終了後にトークンが売買出来てしまうと、金銭的な利益のみを重視した取り組みとなってしまい、その場合に犯罪組織の資金洗浄手段となってしまいます。それを避ける為に、ICO後のサービスでのみ利用する事の出来るトークンを購入出来るICO投資のみ規制されないことになっています。

  • 【香港】ICO参加者が法律違反していないかを監視

香港国内に在住しているかしていないかに関わらず、香港人が参加しているICOを監視、チェックしていく事になりました。

  • 【フランス】規制しつつも推奨

基本的にフランスはICOを推奨していますが、やはり詐欺などが横行していた事実もあり、国の管理の元規制される事になりました。

  • 【オーストラリア/アブダビ/リトアニア】規制に関するガイダンスを発表

ICO運営に対するルールを設定し、そのルールのもの運営される事が義務付けられています。

このように、国によってはICO規制が国によるライセンスの元進められているので、もしICOに参加する場合は、アメリカ・カナダ・ロシアなどライセンス規制の元開始されているICOである事を前提に投資するのはかなり手堅いかもしれませんね。

Q&A

Q:ICOは誰でも参加できますか?

A:もちろん誰でも参加可能です。
ICOを開始している企業であればwebサイトを用意してあるので、そのサイトから参加することが可能です。基本的にICOはイーサリアムで参加が可能なので、価格の安い段階でイーサリアムを購入しておきましょう

まとめ

いかがでしたか?仮想通貨でこれから投資を考えているという方は絶対に意識しておきたい考え方と、これから仮想通貨投資を始める上で、知っておくべき投資方法としてICOをご紹介しました。

ICOで損失を出さないためには、やはり徹底した情報収集です。参加を検討しているICOのホワイトペーパーを読み込んで理解する事は当然として、そのICOを実施する団体が信頼のおける団体なのかという点で過去の実績を理解しておくことも重要です。

また技術的に可能かどうかも含め、しっかりとしたプロダクトを開始する技術力があるかどうかも重要なポイントになってきますが、そもそもICOの情報を仕入れる方法を知らない方も多いのではないでしょうか?

Valucloudでは、最新のICO情報や市況情報などの情報をLine@でリアルタイムに無料配信しています。これから仮想通貨をはじめとして、ICO投資を始めようとお考えの方は、是非Line@に登録して最新の情報を受け取ってくださいね!

▼最新のICO情報はここからGET!▼

仮想通貨の最新情報配信中!今なら無料特典プレゼント!

━無料特典の受取り方法━

1.「Line@で特別な情報を受け取る」ボタンを押して、Line@で友達に追加
2.「無料特典希望」とメッセージを送信
※「」内のキーワードは一字一句省略せずにお送りください。
3.折り返しメッセージで特典をゲットしてください!

ここから入手できます。

\ SNSでシェアしよう! /

お金の悩み解決 -valu cloud-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の悩み解決 -valu cloud-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

若林 悟

若林 悟

若林 悟(わかばやし さとる)

ニックネーム:バガボンド

毎日何もせずお金に困り過ぎていた時期に出会った一冊のビジネス書に触発され、「働いてお金を稼ぐ」という意識から、「お金を働かせて稼ぐ」という意識に変わるが、働きたくないという意識が強過ぎて、楽して稼ぐための情報に対して敏感になり過ぎてしまっている節がある。

主に最近話題の仮想通貨をはじめ、FXやバイナリーオプションなど投資に関する新鮮な情報に切り込んでお伝えします。

得意分野:バイナリーオプション/FX/仮想通貨/副業/その他

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2ちゃんねる発祥の「NANJコイン」とは?その実態に迫る!

  • 【バイナリー】保有率99%!?ツールソフトの決定版「MT4」!

  • バイナリーオプションで勝てるロジックを学ぶ!

  • スマホでバイナリーオプションを攻略!

関連記事

  • イーサリアムとは?ビットコインの背後に迫る黒い影!

  • レターポットについて!キングコング西野亮廣氏の構想とは?

  • ICO即完売のDADIが遂にKuCoinに上場!

  • 今話題のノアコインとは一体何なのか、その真意に迫る!

  • コインチェック出金再開と、NEM流出事件の経緯を総まとめ!

  • 自動でマイニング!?Coinhiveにご用心!