1. TOP
  2. プロが教える1分足で使える鉄板FXインジケーターを2つご紹介!

プロが教える1分足で使える鉄板FXインジケーターを2つご紹介!

FX ツール FX
この記事は約 5 分で読めます。 3,606 Views

1分足では波形が荒く読みにくいな、と感じている方が多くいるのではないでしょうか。
また、1分足ではどのようにしたら勝ちやすくなるのかと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
1分足では波形が荒く騙しに遭いやすい為、いかに騙しに遭いにくくするかということが大切になっていきます。
今回は、この1分足で勝つために使えるポピュラーな2つのインジケータをご紹介します。
勝ち続けるためにはより多くの人たちが使っているインジケーターで分析をしていくということが大切です。
今回ご紹介する2つのインジケーターについて是非ここで学びを深めて、実践の中で分析を行ってみてください。

FXの1分足で使えるインジケーターはこれ!

1分足で使えるインジケーターとしては、トレンド系では「ボリンジャーバンド」、オシレーター系では「RSI」がオススメです!
ここではボリンジャーバンドとRSIについてご説明していきます。

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドとは、真ん中に移動平均線があり、その線を基準にプラスとマイナスの両方に値動きの幅を示す線を表示したもののことを言います。
1980年頃にジョン・ボリンジャー氏が考案したとされている指標です。
値動きの幅を示したプラスとマイナスの線の範囲に価格が収まるとされており、統計学的に確率が算出されていることが特徴です。

RSIとは?

RSIとは、「Relative Strength Index」の頭文字をとった略称であり、「相対力指数」のことを指します。
分かりやすくいうと、ある期間の値動きに対する上昇幅はどれくらいなのかという割合をグラフにして示したもののことを言います。
その割合を出す計算式は以下の通りです。
RSI=一定期間の上げ幅の合計÷(一定期間の上げ幅の合計+一定期間の下げ幅)×100%
これは、アメリカのJ.W.ワイルダーによって開発されたものです。
投資家の「心理の動き」を把握することが目的とされています。

なぜこれらのFXインジケーターが良いのか?

ボリンジャーバンド編

ボリンジャーバンドでは、バラツキが集まる確率として「シグマ」という単位で表示されます。
シグマは移動平均線を基準に±1、±2、±3とあります。
2シグマだと、+2シグマからー2シグマの間に収まる確率が95%くらいです。
3シグマだと、+3シグマからー3シグマの間に収まる確率が99%くらいです。
ボリンジャーバンドではこのように範囲内に収まる確率が統計学でわかっています。
これが1分足で使えるインジケーターとして良い理由の一つです。

RSI編

1分足でも買いの圧力や売りの圧力を見ていくことが必要です。
このRSIでは「買われすぎ、売られすぎ」ということを判断することができます。
これが1分足で使えるインジケーターとして良い理由の一つです。
RSIでは、30%より下回った場合は売られすぎと判断することができます。
また、70%よりも上回った場合は買われすぎと判断することができます。

各インジケーターをどのように使ったら良いのか?

なぜなのかが分かったら、次は実践するためにどうしたら良いかが気になりますよね!
ここではシンプルに分かりやすくポイントをまとめてみました。
ボリンジャーバンドとRSIを使おうと考えている方は必ず覚えましょう!

ボリンジャーバンド編

ボリンジャーバンドは先ほど述べたように収まる確率がわかっています。
もし+3シグマ(+2シグマ)まで上がったら、そこから価格が下がっていく確率が高いと予測することができます。
逆にー3シグマ(ー2シグマ)まで下がったら、そこから価格が跳ね上がる確率が高いと予測することができます。
ろうそく足は一切関係ありません。
価格がボリンジャーバンドの+3シグマ(+2シグマ)に達したら売り時で、ボリンジャーバンドのー3シグマ(ー2シグマ)に達したら買い時です。

RSI編

例えば、RSIの基準の値を70と30に設定したとします。
もし、相場が70%まで動いたとすると、買われすぎているということがわかると同時に、そこから「戻し」が発動して相場が下がる可能性が高いと予測することができます。
逆に、相場が30%まで動いたとすると、売られすぎているということがわかると同時に、そこから相場が上がる可能性が高いと予測することができます。
ということは、相場が70%まで動いたら売り時で、相場が30%まで下がったら買い時であるということが分かります。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は1分足で使えるオススメのインジケーターとして、「ボリンジャーバンド」と「RSI」をご紹介させていただきました。
今回の記事を通して、ボリンジャーバンドやRSIで大切になってくるポイントも理解できたかと思います。
勝ち続けたいと考えている方は今回ご紹介した使い方を参考に是非チャレンジしてみてくださいね。

動画で学習!KATSUに聞く!プロたちが使う鉄板インジケーターとは !?

\ SNSでシェアしよう! /

お金の悩み解決 -valu cloud-の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の悩み解決 -valu cloud-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あおい

あおい

元々YOUTUBERとして仮想通貨の最新情報とチャート分析を配信。
仮想通貨女子、億り人です♪
ビットコインを始めとした仮想通貨の最適な仕込み時と高騰予想をお送りします♥
是非わたしのブログと動画をご覧になって仮想通貨投資の参考にしてくださいね!

この人が書いた記事  記事一覧

  • バイナリーオプションの「稼ぎ方」を考える

  • バイナリーオプションで負ける人とは?バイナリーオプションで負ける人の特徴について解説!

  • リップルプロダクトxRapid利用企業今後増加傾向!?SBIマネータップ社に地銀13行が出資!

  • ビットコイン高騰は2019年5月 相次ぐ仮想通貨市場の好材料

関連記事

  • FXは一目均衡表で売買サインが簡単にわかる!

  • FXは学生こそ始めるべき!就活も資格試験も有利に進む!?

  • FXのポンドが殺人通貨と呼ばれるワケは!?

  • FXはやめとけ!?その真意を確かめてみた!

  • ポンド 円 取引 は危険!? 初心者は要注意! ポンド 円 取引 について

  • FXの水平線は2本引きが鉄則だった!