1. TOP
  2. ビットコイン登場と発展が30年前に予言されていた!?

ビットコイン登場と発展が30年前に予言されていた!?

 2018/01/26 仮想通貨
この記事は約 4 分で読めます。 1,968 Views

今回はビットコインに関する雑学とそれにまつわる未来のお話です。

最近中国で法規制された事によって価格が急降下するなど、何かと話題の絶えない仮想通貨ですが、なんと2008年にビットコインが誕生する30年前に、仮想通貨の誕生を予言していた雑誌があったのです。

ビットコインの登場を30年前に予言していた雑誌とは?


1970年代初頭に発行された仮想通貨の登場を予言する記事を掲載したその雑誌は、現在も刊行されているイギリスの「The Economist」という経済誌で、グループのオーナーには世界経済を操っているとも言われているロスチャイルド家が名を連ねています。

▽意味深な予言を示唆する表紙!


仮想通貨について触れられた記事が乗った刊の表紙にはフェニックスとコインが書かれており、そのコインには[2018 PHOENIX]と書かれています。さらに燃えている現行紙幣も描かれており、右上には日本語訳で「世界通貨に備えよ」との文字が。

まるで2018年の仮想通貨の盛り上がりを予言しているかのような表紙ですね。仮想通貨は国籍関係なく世界中共通で使える通貨なので、世界通貨という表現もあてはまります。

ビットコインの登場を30年前に予言出来ていたのには理由が…?


更に記事中では「今から30年後に世界中の国々の様々な立場の人間も同じ通貨で買い物をするようになり、その通貨は”フェニックス”と呼ばれ、企業や消費者に使われる事になるだろう。」と具体的な予言内容まで書かれています。

人類の長い歴史の中でビットコイン以外で共通して使われる通貨というのはありませんので、無理やりこじつけているという訳でもありません。

▽あのロックフェラー家も!?


また更に深掘りすると、現在時価総額2位の仮想通貨であるイーサリアムは、秘密結社「イルミナティ」の中枢であるロックフェラー家が関係しているとまで言われています。

▽ICOで先行者利益を得るにはイーサリアムが必要!


更に仮想通貨は先行者利益を求めて投資するのが一般的なので、世界中の人々は先行者利益を獲得するために最近では新通貨/サービスに対するICOが盛んに行われており、ICOをする為に利用される通貨がほとんどイーサリアムなのです。

もちろんイーサリアムの特性がICOにとってとても重要な要素なので、多くのICOではイーサリアムが導入されているのです。

Q&A

Q:何でICOではイーサリアムが使われてるの?


A:ICO時に金額目標に達しなかった場合、自動返金処理されるシステムになっているからです。

ICOは事業への先行投資の意味合いが大きい為、その事業への期待値が低かった場合に、その企業が目標として設定している金額に届かないといけません。設定金額に届かなかった場合、その事業計画は頓挫してしまいますので、その場合に返金処理をされるシステムがないといけません。

その機能がイーサリアム独自の機能であるため、返金についての保全性を担保する事が大きな理由としてイーサリアムが使われていると言えるでしょう。まさか、ここまで予想した上でイーサリアムを開発したとしていたら恐ろしい話ですね・・・笑

▽まとめ

今回紹介した内容は既に海外の有名なニュースサイトで掲載され、たくさんの人に読まれているので、大衆心理に作用される事が予想できます。もし今後PHOENIXという通貨が登場した場合に短期的な投資をしてみると良い事があるかもしれませんね。

今回の記事で紹介した内容はあくまでも仮想通貨を使って稼げる手法を公開しているので、こちらもあわせてチェックしてみてください。

↓↓手法はここから入手できます。↓↓

\ SNSでシェアしよう! /

お金の悩み解決 -valu cloud-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の悩み解決 -valu cloud-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

若林 悟

若林 悟

若林 悟(わかばやし さとる)

ニックネーム:バガボンド

毎日何もせずお金に困り過ぎていた時期に出会った一冊のビジネス書に触発され、「働いてお金を稼ぐ」という意識から、「お金を働かせて稼ぐ」という意識に変わるが、働きたくないという意識が強過ぎて、楽して稼ぐための情報に対して敏感になり過ぎてしまっている節がある。

主に最近話題の仮想通貨をはじめ、FXやバイナリーオプションなど投資に関する新鮮な情報に切り込んでお伝えします。

得意分野:バイナリーオプション/FX/仮想通貨/副業/その他

この人が書いた記事  記事一覧

  • プロボクサーのマニー・パッキャオ氏が仮想通貨サービスをスタート!?

  • 2ちゃんねる発祥の「NANJコイン」とは?その実態に迫る!

  • 【バイナリー】保有率99%!?ツールソフトの決定版「MT4」!

  • バイナリーオプションで勝てるロジックを学ぶ!

関連記事

  • ビットコインが2019年8月高騰!米著名アナリストのトム・リー氏による予想!

  • GACKTが出資する仮想通貨「 SPINDLE」が中止されたという嘘の噂、その真相とは!

  • BinanceCoin(バイナンスコイン)とは何か?仮想通貨取引所が発行する独自通貨の特徴を徹底解明!

  • 仮想通貨市場 の 市場心理 ( センチメント ) 上昇傾向にあるのは3通貨のみ

  • ビットコインのマイニングとは。ビットコインにおけるマイニングの種類。

  • ダボス会議 2019 にて 仮想通貨 決済企業サークル社CEO が 仮想通貨 の将来性に言及!ビットコイン価格予想!