1. TOP
  2. 【仮想通貨 EOS(イオス)】仮想通貨EOS(イオス)とは?概要とメリット。

【仮想通貨 EOS(イオス)】仮想通貨EOS(イオス)とは?概要とメリット。

仮想通貨
この記事は約 5 分で読めます。 572 Views

今日の値動きはコチラ→http://crypto.valu-cloud.com/

「イオスってどんな仮想通貨だろう?」
「イオスを手にれることのメリットは?」

仮想通貨に関心のある方ならイオスについて一度は耳にしたことがあるのではないかと思います。
しかし、イオスについて詳しく知っている方は多くないのではないでしょうか。

今回は、

  • 仮想通貨イオスとは
  • 仮想通貨イオスが期待されている理由とは
  • 仮想通貨イオスを購入できる取引所とは

について、ご説明・ご紹介いたします。

仮想通貨に関心のある方やイオスについて興味のある方は是非参考にしてみてください。

仮想通貨 EOS(イオス)とは

仮想通貨 EOS(イオス)について

イオスは、EOSプロジェクとと言われる企業向けの分散型プラットフォーム(EOS)の開発のための資金調達を目的として発行されている仮想通貨です。
イオスは資金調達の目的としてのみ発行されており、通貨としての機能を持っていません。

イオスは2017年7月から350日の間、毎日200EOSを市場に配布してきました。
しかし、配布終了から48時間が経つとイオスは取引することもできない状況であり使い道のない通貨とも言われています。
また、これから先価値のある仮想通貨になっている保証もないとされています。
このようなことから見ると、仮想通貨イオスは他の仮想通貨と比較して通貨自体には価値のないもののように思えますよね。
しかしイオスは多くの取引所で取引が行われていて、2018年5月には時価総額では5位になるまでに価格が上昇しています。
イオスはそれほど期待されいる通貨でもあるということです。
なぜ期待されているのかについては次の章で記述しておりますので、是非読み進めてください。

<注意!>
仮想通貨とプラットフォームの名称がどちらもEOS(イオス)のため、常にどちらを指している言葉なのかを意識するようにしましょう。

仮想通貨 EOS(イオス)の概要

通貨名:EOS(イオス)
単位:EOS
取引開始日: 2017月6月26日
発行上限:1,000,000,000 EOS
発行会社:ホワイトペーパー
マイニングシステム:Delegated Proof of Stake
ブロック生成速度:3秒

仮想通貨 EOS(イオス)が期待されている理由とは

プラットフォームEOSの高い機能性

先ほどプラットフォームのEOSは分散型プラットフォームであるとお伝えしました。
この分散型プラットフォームと聞いて思いつく仮想通貨があった方もいらっしゃるかと思いますが、イーサリアムもEOSと同様の分散型プラットフォームです。
EOSの高い機能性はイーサリアムと比較することでもお分かりいただけます。
情報をどれほどの速さでやり取りができるのかということを示すトランザクションの処理速度がありますが、イーサリアムは1秒間に処理できるトランザクションは30であるのに対し、EOSが1秒間に処理できるトランザクションは数百万です。
(補足:1秒間に処理できる数が多いほど処理速度が速いということです。)
EOSの方が圧倒的に処理速度が速いということが分かりますよね。

仮想通貨のEOSを発行しているホワイトペーパーにはこのような高い機能性を持つプラットフォームがあるわけですが、仮想通貨EOSを購入する人たちは将来このプラットフォームEOSにおいて仮想通貨EOSが使われるのではないかと考えているため、EOSを保有しているのです。

高い技術を持つ開発者への信頼

以上で仮想通貨EOSを発行するホワイトペーパーが高機能な分散型プラットフォームを持っていることをお伝えしましたが、その開発陣が高度な技術を持っています。
このプロジェクトの発起人の一人であるプログラマーのDan Larimer(ダン ラリマー) は、過去にも仮想通貨を開発している人物です。
EOSはこのDan Larimer(ダン ラリマー) を中心に50人ほどで開発が行われており、過去の実績を持つプログラマー率いるチームへの期待が高まっています。

仮想通貨 EOS(イオス)を購入できる取引所とは

仮想通貨のイオスを購入できる取引所には以下の取引所が挙げられます。

  • DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
  • BITPOINT(ビットポイント)
  • GMOコイン
  • Binance(バイナンス)
  • Huobi(フォビ)
  • Kucoin(クーコイン) etc…

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、

  • 仮想通貨イオスとは
  • 仮想通貨イオスが期待されている理由とは
  • 仮想通貨イオスを購入できる取引所とは

について、以下のことをご説明・ご紹介いたしました。

  • 仮想通貨イオスとは、EOSプロジェクとと言われる企業向けの分散型プラットフォーム(EOS)の開発のための資金調達を目的として発行されている仮想通貨である。
  • 仮想通貨イオスが期待されている理由としては、高い機能を持つプラットフォームEOSがあることと開発者たちが高い技術を持っていることなどが挙げられる。
  • 仮想通貨イオスを購入できる取引所については、上記をご確認ください。

こちらの記事を通して、仮想通貨イオスとはどのようなものなのかお分かりいただけたのではないでしょうか。
興味を持った方は是非この機会に手に入れてみてくださいね。

━仮想通貨無料特典の受取り方法━

1. 以下QRコード、もしくは「Line@で特別な情報を受け取る」からLINE@で友達追加!
2. 折り返しメッセージで特典をゲットしてください!

▼より高度な仮想通貨最新情報を配信!▼

高度なテクニカル分析を利用した取引をしないのであれば、今底値で買っておけばどの通貨も上がることは予想できます。
そして、より高度な分析や新鮮な情報や手法を手に入れませんか?こちらで随時配信しているのでチェックをお願いします!

↓↓手法はここから入手できます↓↓


\ SNSでシェアしよう! /

お金の悩み解決 -valu cloud-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の悩み解決 -valu cloud-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あおい

あおい

元々YOUTUBERとして仮想通貨の最新情報とチャート分析を配信。
仮想通貨女子、億り人です♪
ビットコインを始めとした仮想通貨の最適な仕込み時と高騰予想をお送りします♥
是非わたしのブログと動画をご覧になって仮想通貨投資の参考にしてくださいね!

この人が書いた記事  記事一覧

  • バイナリーオプションの「稼ぎ方」を考える

  • バイナリーオプションで負ける人とは?バイナリーオプションで負ける人の特徴について解説!

  • リップルプロダクトxRapid利用企業今後増加傾向!?SBIマネータップ社に地銀13行が出資!

  • ビットコイン高騰は2019年5月 相次ぐ仮想通貨市場の好材料

関連記事

  • 仮想通貨最前線ニュース!アマゾンとコンセンシスが提携しイーサリアム使ったカレイド開発へ!

  • G20による仮想通貨の規制議論について朗報!

  • 仮想通貨でFX?ビットコインFXを看破せよ!

  • 仮想通貨の広告規制を受け、世界的な集団訴訟を決行!

  • coincheckがNEM(ネム)を空売りしていた可能性が浮上!

  • BinanceCoin(バイナンスコイン)とは何か?仮想通貨取引所が発行する独自通貨の特徴を徹底解明!