1. TOP
  2. 【逆張り特化】バイナリーオプションインジケーター組み合わせベスト3

【逆張り特化】バイナリーオプションインジケーター組み合わせベスト3

はたけ
こんにちは!

はたけです。

バイナリーには順張り・逆張りがありますが、逆張りの方が難しいってご存知でしたか?

つまりは、インジケーターによる分析はバイナリーオプション攻略には必須と言っていいでしょう。

今回はプロの投資家の声も取り入れた、インジケーターの組み合わせベスト3を発表します!

逆張りに最適なので、レンジ相場でお試しください!

バイナリーオプションおすすめインジケーター3選

バイナリーのおすすめインジケーター3選!

最初に逆張りでよく使われる、おすすめインジケーター3選をご紹介します。

おすすめインジケーター1:ボリンジャーバンド

おすすめインジケーター1:ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、移動平均線とそこから一定の偏差値分だけ上下に広がった線を持つテクニカル指標です。一番中心のラインが移動平均線であり、内側から±1σ(シグマ)・±2σ・±3σと6つのラインも同時に表示します。

使い方としては、±σの中に相場がどれだけ収まる確率があるかを見て、トレンドの行き先を予測します。±1σ・±2σ・±3σそれぞれ相場が収まる確率が異なるのが特徴です。

  • ±1σ:68.3%
  • ±2σ:95.5%
  • ±3σ:97.7%

※収まる確率は経済エコノミストやトレーダーの解釈によって異なる場合がある。

±2σ、±3σに相場が触れた場合に内側に戻ろうとする反発を狙い、逆張りでエントリーするのが基本です。

▽おすすめインジケーター2:MACD(マックディー)

"▽おすすめインジケーター2:<strong

移動平均線をベースに、2本のラインの乖離(かいり)を表したテクニカル指標です。チャートにシグナルライン、MACD線、0ラインの3本の線を表示して分析をおこないます。MACD線が上に伸びている時は相場が上昇傾向にあり、下に伸びている時は下降傾向にあります。

順張りにも逆張りにも使える万能のインジケーターです。

▽おすすめインジケーター2:ストキャスティクス

▽おすすめインジケーター2:ストキャスティクス

チャートに表示させると、0〜100%の間で表示される2本の線が表示され、それぞれを「%K線」「%D線」と呼びます。

「%K線」はメインの短期線で、「%D線」はシグナルサインとなる中期線です。これら2つの線や%の大きさで相場の状況をわかりやすく表示してくれるのです。

100%に近づくと、現在の為替が過去の最高値に近づいているという意味で「買われすぎ」となり、0%に近づくと、現在の為替が過去の最安値に近づいているという意味で「売られすぎ」となります。

50%ならば最高値と最安値のちょうど中間となります。

 

【逆張り】バイナリーオプションインジケーター組み合わせ3選

【逆張り】バイナリーのインジケーター組み合わせベスト3!

おすすめインジケーターを基本として、使える組み合わせをピックアップ!独自のランキングを発表します。

第3位:MACD+ストキャスティクス

第3位:MACD+ストキャスティクス

MACDでトレンドの転換を把握、ストキャスティクスで相場の買われすぎ、売られすぎという相場の強弱を把握します。ストキャスティクスの繊細すぎる動きを、トレンドも把握できるMACDがサポートするイメージですね。

注目すべき部分は、MACD線の向きとストキャスティクスの「%K線」「%D線」のクロスです。

「%K線」が「%D線」を下から上に突きぬけたらゴールデンクロスが発生し、相場が上昇トレンドへ転換するサインです。「%K線」が「%D線」を上から下に突きぬけたらデッドクロスが発生し、相場が下降トレンドへ転換するサインとなります。

クロスの発生と、MACD線の方向を確認したら、エントリーしていきましょう。

【エントリーポイント1】

  • MACD線が(上向き)上昇トレンド傾向になっている
  • ストキャスティクスにゴールデンクロスが発生している

【エントリーポイント2】

  • MACD線が(下向き)下降トレンド傾向になっている
  • ストキャスティクスにデッドクロスが発生している

2つのインジケーターを複合させることで、逆張りの精度が高まります。

第2位:ボリンジャーバンド+RSI

第2位:ボリンジャーバンド+RSI

ボリンジャーバンドは為替レートが±2σ、±3σにタッチした時、逆張りでエントリーするのが基本ですが、RSIを組み合わせると、より精度の高いエントリーが可能となります。片方のサインだけでエントリーするのではなく、ボリンジャーバンドとRSIの両方のサインを確認する癖をつけてください。

【エントリーポイント】

  • 為替レートがボリンジャーバンドの-3σか-2σに触れているか、突き抜けている
  • RSIの角度が鋭角である

ボリンジャーバンドに触れたか突き抜けたら、エントリーチャンス。RSIの角度にも注目です。RSIは線がなだらかだと、騙しが発生しやすく、線が鋭角だと騙しが発生しにくいです。ボリンジャーバンドだけでも頼りになりますが、RSIを組み合わせることで、相場の転換点を強く見極めることが可能です。

「逆張りでエントリーしたいが、騙しがあるから苦手」と思う方にこそ、使って欲しい組み合わせですね。

第1位:MACD+RSI

第1位:MACD+RSI

MACDは0ラインとシグナルラインの交差でもトレンドの予測ができます。シグナルラインが0ラインを上から下に突き抜けたら、上昇トレンド転換のサインとなり、シグナルラインが0ラインを下から上へ突き抜けたら下降トレンド転換の合図となります。

ストキャスティクスと組み合わせた時と異なるのは、シグナルラインの動きのほか、RSIの角度、パーセンテージにも注目する点です。

【エントリーポイント】

  • シグナルラインが0ラインを突き抜ける
  • RSIが30%以下、70%以上(鋭角だと尚よし)

取引時間が30秒などの場合、RSIのパーセンテージを把握してからだと、エントリータイミングが遅くなる場合があります。RSIの角度を確かめて「30%、70%付近にいきそうだな!」という感覚でも使ってもOKです。取引時間に応じて使い分けてください。

インジケーター+αで確実に勝率アップ

インジケーター+αで確実に勝率アップ

バイナリーオプションで勝率アップを狙うなら今回ご紹介したおすすめインジケーターの利用は必須です。

しかし、それだけでは、「確実」ではありません。

バイナリーで勝ち続けるためには、さらに必要となってくる3原則があります。

期間限定で無料でその3原則を㊙︎公開しています。

また人数制限はありますがバイナリーオプション初心者でも簡単に勝率アップする手法を無料プレゼントしています。

これで初心者でも簡単に月200万稼いだ事例があります。

まずはどんなものか今すぐチェックしましょう!

まとめ

まとめ

はたけ
バイナリーの逆張りは難易度がやや高めなので、インジケーターを組み合わせてチャンスを増やすべきです!

もちろん相場の状況や、投資家の好み・相性によってもベストな組み合わせが変わってきます!

自由に組み合わせて検証作業をするのもおすすめですよ!

インジケーターと併せてとるべきバイナリーの手法

インジケーターと併せてとるべきバイナリーの手法

今回、インジケーター組み合わせおすすめをご紹介しました。

バイナリーで勝率を上げるには覚えないといけないことがたくさんあります。

しかし、そんな勉強さえせずともバイナリーで勝ち続けることができる秘密方法が実はあります。

その内容を期間限定で大暴露します。

バイナリーで初心者が月に200万円叩き出した手法です。

↓こちらからご請求してください↓

↓↓メールで受け取りたい方はコチラ↓↓

動画で学習! 【逆張り特化】バイナリーのインジケーター組み合わせベスト3

\ SNSでシェアしよう! /

お金の悩み解決 -valu cloud-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の悩み解決 -valu cloud-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

はたけ

はたけ

バイナリーオプションやFX・仮想通貨に関してYouTube上に300本以上の動画を投稿。
投資についてあらゆる手法やツール・ノウハウの検証を行い
稼げる投資家育成のため情報を発信し続けている。

この人が書いた記事  記事一覧

  • バイナリーオプションで勝てない主な理由と克服方法

  • バイナリーオプションはプライスアクションで簡単攻略

  • ティックチャートでバイナリーオプション攻略!短期取引で勝率アップ

  • バイナリーオプション初心者が使うべきツール

関連記事

  • バイナリーを攻略するならチャートに雲を出せ!

  • バイナリーオプションは雲のカタチで動きが読める!

  • バイナリーオプションの人気海外業者ベスト5!

  • バイナリーオプションは転売でリスクを激減!

  • 【バイナリーオプション ホットライン】電話が順張りのサイン!

  • バイナリーオプションのmacdを使った戦略とは?